家の光協会

HOME

書籍

この野菜はこう食べる 笠原将弘の和のおかず

この野菜はこう食べる 笠原将弘の和のおかず

笠原将弘 著

この野菜はこう食べる 笠原将弘の和のおかず

◎春・夏
キャベツ(大人のキャベせんサラダ ほか)/玉ねぎ(玉ねぎの天ぷら ほか)/菜の花(あさり小鍋仕立て・辛子びたし ほか)/豆類(スナップえんどう塩ゆで ほか)/たけのこ(若竹煮・焼きたけのこのご飯 ほか)/かぶ(含め煮くずあん仕立て ほか)/にんじん(にんじんのともあえ ほか) ほか
◎秋・冬
じゃがいも(肉じゃが・ポテサラ ほか)/里いも(煮ころがし・芋煮汁 ほか)/れんこん(から揚げ・きんぴら ほか)/きのこ(焼きえのき ほか)/かぼちゃ(田舎煮・かぼちゃフライ ほか)/大根(柚子なます ほか) ほか

出版社
家の光協会
定価
1300円(+税)
発行日
2019.09.17
ページ数
96ページ
ISBN
9784259566258

●家の光協会への在庫状況確認はコチラ

TEL:03-3266-9029

笠原将弘

◎笠原将弘(かさはら・まさひろ) 東京生まれ。「正月屋吉兆」で9年間修業後、武蔵小山にある実家の焼き鳥店「とり将」を継ぐ。2004年、恵比寿に自身の店「賛否両論」を開店。予約の取れない名店として有名に。その後名古屋に「賛否両論名古屋」、東京・広尾に「賛否両論メンズ館」を開店。和食給食応援団東日本代表を務めるなど、和食推進活動にも力を注いでいる。基本的な家庭料理から専門料理まで、和食の魅力を伝える著書も多数。