家の光協会

HOME

書籍

宿根草と低木で手軽にできる 小さなスペースをいかす美しい庭づくり

宿根草と低木で手軽にできる 小さなスペースをいかす美しい庭づくり

マーク・チャップマン 著

第1章 スペース別 小さな庭づくりのポイント
スペース1:敷地内のスペース
スペース2:玄関まわり・アプローチ
スペース3:通り沿いのスペース
スペース4:デッドスペースの利用
スペース5:駐車場を庭として使う ほか
第2章 マークが厳選 小さな庭で使いたい植物
高木/低木/宿根草/一年草/球根植物 ほか
第3章 植えつけと庭のメンテナンス
植えつけ/春から初夏の手入れ/夏の手入れ/秋から冬の手入れ/おもな種類の開花期と鑑賞期 ほか

出版社
家の光協会
定価
1500円(+税)
発行日
2017.03.16
ページ数
112ページ
ISBN
9784259565329

●家の光協会への在庫状況確認はコチラ

TEL:03-3266-9029

マーク・チャップマン

1967年イギリス東部、リンカーンシャーに生まれる。幼少の頃から祖父の庭仕事を手伝い、ガーデニングに興味を抱く。育苗会社、ガーデンセンターでの勤務の後、庭園設計の会社を設立する。顧客を持つ一方、様々なカントリーショーにモデルガーデンを出展。多くのメダルを獲得し、その実力は広く知られるところとなる。1997年に来日。長野県のイングリッシュガーデンにてヘッドガーデナーを勤め、後に庭園の設計、施工に携わる。そして2004年、ブリティッシュ クリエイティブ デザイン「マークスガーデンアート」を設立。日本の文化に魅せられ、感動し、またそこから新しいアイディアを次々と生み出すアイディアマン。園芸雑誌、女性誌などメディアでも活躍。毎年行なわれる「国際バラとガーデニングショー」では、2年連続でメインガーデンのデザインを担当する。