やさい畑

目次

その他の目次

畑の逸品「防水ゴム足袋」株式会社力王

土を究める・第11回「ミミズは畑のヒーローだ」藤井一至

畑の社会見学・第8回「身近なポリポットに秘められた作り手の情熱と家庭菜園の未来」株式会社 東海化成

「小屋しらべ」農小屋学会

めざせ大発見 畑の探求者「タンニン鉄栽培に挑戦!」和田義弥

種まき名人になろう「カブは1円玉間隔で播種すべし」竹内孝功

畑の虫 生態絵巻・第3回「アシナガバチは、授粉も狩りもこなす大益虫」麻生健洲

読者のグッドアイデア「土寄せいらずの長ネギトロ箱軟白術/タマネギの防寒は籾殻+豚ぷんが◎/ナメクジは習性を逆手に退治/“籾殻床”なら美肌ゴボウが作れる」

第2回やさい畑大賞 募集のお知らせ

やさい畑読者プレゼント

やさい畑倶楽部vol.104

すばらしい! 日本の品種/第6回「家庭菜園に向く品種を選べばイチゴづくりはもっと気楽になる」竹下大学

やさい畑

やさい畑 2021年秋号

「やさい畑」購読申し込み

主な企画

〈特集〉雑草で土を変える!

畑の土を生まれ変わらせるのに、特別な道具や技術は要りません。
必要なのは、どこにでも生えている雑草。
栄養とミネラルを豊富に含んだ雑草を、菌の力で分解すれば、化学肥料に頼ることなく野菜が育ち、農薬を使わなくても虫に食われにくくなります。これまでの栽培の常識を覆し、やっかい者たちを味方につける究極の土づくりを、有機無農薬栽培の達人・吉田俊道さんに教わります。

監修/吉田俊道(よしだ・としみち)
九州大学農学部大学院修士課程修了後、長崎県農業改良普及員を経て、1996年に新規就農。佐世保市の農園「菌ちゃんふぁーむ」で有機栽培を行う。

〈内容〉
雑草は畑のじゃま者なのか
菌は野菜に害なすやっかい者か
“糸状菌”ファーストの土づくり
雑草でフカフカ畝立て術
さあ、植えつけ・種まきしよう
プランターならもっと簡単・すぐできる
雑草を生かす作付けプラン
雑草で土を変えれば、野菜が強くなる

タマネギ栽培の極意

タマネギの栽培で困っていることを読者のみなさんに尋ねたところ、「とう立ちした」「べと病になった」という声が圧倒的でした。
品種によっては10か月近くにもなる長い栽培期間を乗り切るには、まずタマネギの生育特性をしることがたいせつです。
そのうえで種まきから収穫、さらに貯蔵まで見据えて、栽培のポイントを押さえていきましょう。
正しい知識に基づけば、健康で太りのよい球ができます。

指導・監修/川城英夫
千葉県農業試験場、千葉県農林総合研究センター育種研究所所長などを経て、現在、JA全農主席技術主管をつとめる。

〈内容〉
タマネギはこうやって育つ
品種の選び方 違いは収穫時期、食べ方、貯蔵性
育て方 畑が空いているなら種をじかまきしよう
    畑が空かないなら育苗用トレーに種をまこう
貯蔵中のタマネギを腐らせない極意

循環菜園のすすめ

日が短くなり、気温が下がる秋冬は、冷涼な気候を好む野菜を育てやすい。
内田さんはつねに野菜ごとの特性を考慮して栽培する。
春から初夏に収穫するエンドウやソラマメは寒さに強い幼苗で越冬させ、晩秋から冬にかけて収穫するホウレンソウやコマツナは、秋分の日を境に種のまき方を変える。
「暦は農作業の適期を計る物差し」と語る内田さんの冬の寒さを見越した育て方を学んでいこう。

栽培指導・監修/内田達也
㈱いかす 取締役。1976年、東京都生まれ。神奈川県平塚市で4㏊の有機栽培圃場を運営し、年間50品目の野菜を出荷している。持続可能な農業の担い手を増やす「サステナブル・アグリカルチャー・スクール」講師を務める。

〈内容〉
冬越しの苗は適正サイズ厳守で植えつける/
エンドウ/ソラマメ/タマネギ/ニンニク/ラッキョウ/ワケギ/のらぼう菜/
秋分を境に種のまき方を変える/葉物野菜は1つの畝にまくと効率的/ホウレンソウ

これから作れる秋冬野菜

「秋冬野菜」というのに、栽培のスタートは夏の暑い盛り。種まきや植えつけは済んでいますか?
うっかり出遅れてしまったという方、まだだいじょうぶ、今からでもスタートできます。
遅まきできる品種を選んで、不織布の「掛け布団」で遅れを取り戻しましょう。

監修/麻生健洲
千葉大学園芸学部卒業。埼玉県の農業高校教諭として35年間、園芸(おもに野菜)と生物工学を教える。現在は書籍の執筆、監修のかたわら家庭菜園を楽しむ。

〈内容〉
品種の選び方
「布団」を掛けるタイミング
ハクサイ/キャベツ/レタス・リーフレタス/ダイコン/ニンジン/赤葉野菜

〈スマイル農園のなるほど栽培 第10回〉 大玉イチゴをねらえ!

目に鮮やかな赤色、濃厚な香り、さわやかな酸味を伴った甘み…イチゴの魅力はたくさんありますが、その実が丸々と太った“大玉”だったら、こんなにうれしいことはありません。世界には1果100gを超える巨大イチゴも存在するとか…。そこまででなくとも、大きなイチゴを作ってみたい! と思いませんか。
大玉づくりの理屈は簡単。ふだん、いくつもの果実に分散している栄養を、1つだけに集中させてやればいいのです。
あらゆる手を尽くし、家庭菜園でなければ味わえない最高の1果をめざします。

栽培指導/豊泉 裕
1967年生まれ。東京都立川市の農業体験農園「スマイル農園」園主。江戸時代から続く農家の10代目で、就農26年め。2009年から、同農園で105区画の利用者に年間約50種類の野菜の栽培を指導する。

〈木嶋流野菜づくり道場 第16回〉12月からの超早どりを実現! クリスマスイチゴ大作戦

クリスマスが近づくと店先に並ぶ真っ赤なイチゴ。
この時期のイチゴは、温度や日照を管理した施設で栽培されたもの。露地で栽培する家庭菜園では、とうてい無理と思ってはいませんか?
じつは、保温資材を組み合わせることで、なんと家庭菜園でも12月にイチゴが収穫できるのです。今年のクリスマスは、自家製イチゴを届けるサンタクロースになってみませんか?

指導/木嶋利男
東京大学農学博士。MOA自然農法文化事業団理事。栃木県農業試験場生物工学部長などを経て、自然農法や伝承農法の研究に携わる。科学技術庁長官賞、全国農業試験場会長賞受賞。

栽培・文/神田賢志
木嶋流野菜づくりを学ぶ農業青年。農業系出版社に勤務後、海外などでの農業研修を経て、2020年から東京都八王子市で新規就農、現在はキテレツファーム代表を務める。

〈イガさんの菜園実験室〉いつホウレンソウをまけば「寒締め」できるのか?

寒さにさらして甘みをのせる「寒締め」ホウレンソウは、真冬だけの味覚です。しかし、種まきが早いと大きく育ちすぎ、遅いと十分なサイズまで育ちません。収穫適期のサイズで寒締めするには、いったい、いつ種をまけばよいのでしょうか?
そこで極上のホウレンソウを収穫すべく、時期をずらして5回に分けて種をまき、「種まき適期」を探りました。

栽培指導/五十嵐 透
東京都練馬区の農業体験農園「イガさんの畑」園主。練馬区農業体験農園園主会会長。江戸時代から続く農家に生まれ、平成11年に農業体験農園を開設。現在は約120名の利用者に、年間約20種類の野菜の栽培法をわかりやすく指導している。

〈東京農大グリーンアカデミー出前講座 第5回〉 根菜はどうやって伸びていく? 

栽培の途中で土の中を見ることはできません。
そこで、透明のペットボトルで作ったプランターに、ダイコンと小カブの種をまき、根の伸び方、太り方を観察してみると、同じ根菜なのにまるで違うのがわかります。
ほかにも、意外な発見がありました。

栽培指導/柳川武夫
神奈川県の県立農業高校で長年、野菜の栽培技術を指導。退職後、地元の足柄上郡大井町で就農。80aの農地で年間約30種類の野菜を栽培、出荷している。そのかたわら、2013年より東京農業大学グリーンアカデミー本科の講師を務める。

女子栄養大学農園 カブ6品種 作って食べてみた

カブは、生で食べてよし、煮てよし、漬けてよしの優等生。しかも、品種によって外見や形状、風味や食感が大きく異なるという、作る楽しさもあります。
今回は、6つの品種を女子栄養大学の農園で同時に栽培し、さらに、食のプロを志す学生たちが3つの調理法ごとに食べ比べて採点しました。
この秋にまくべき“注目カブ”はどれか。品種選びのヒントにしてください。

栽培・監修/神田 徹
1959年生まれ。1982年から2020年まで埼玉県職員。おもに農業の試験研究機関に勤める。2021年4月から埼玉県鶴ヶ島市にある女子栄養大学大学農園の管理責任者を務め「農業体験」授業を担当。

〈料理以前のこと 第3回〉フィッシュ&チップスの名手が教える カリほくフライドポテト

料理が苦手な人でも挑戦できる、簡単で味がよくなる調理法を紹介する当企画。
今回は、フライドポテトのつくり方をご紹介します。
本当においしいフライドポテトを作るのは、かなりの難関です。
ところが、どの家庭にもある材料で、外側がカリっ、中はホクホクの仕上がりに。
用意するのは、生のジャガイモ、油、小麦粉、塩(お好きな調味料)の4つ。
手間をかけただけ味わい深くなること請け合いです。

料理指導/小貫友寛
フランスで料理修業ののち、バグパイプにほれ込み渡英。現在、東京の神楽坂で英国パブ「The Royal Scotsman」を営む。2021年、出身地の栃木県小山市で就農。収穫物を店で提供するのが当面の目標。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「やさい畑」購読申し込み

別冊

バックナンバー

やさい畑 2021年夏号

夏から秋への切り替えを成功させる 相性抜群!豊作リレー栽培

やさい畑 2021年初夏号

〈特集〉すぐできる生育診断と対処法 夏野菜のSOS発見術

2021年春号

〈特集〉伸ばす・切るがスッキリわかる とことんやさしい豊作仕立て

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第44回 ちゃぐりん感想文 大募集!

2021年9月24日(金) (当日消印有効)