次号予告

家の光2017年 6月号

〈特集〉梅名人になろう!
農ライフのすすめ/育てよう 紡ごう ふわふわのワタ

2017年5月1日発行
定価:617円(税込)
※企画・タイトルは変更することがあります。

「家の光」購読申し込み

〈特集〉梅名人になろう!

 ご飯のお供として、日本の食卓になくてはならない梅。梅の一大産地である和歌山県JA紀南の梅農家からは、ふだん家庭で食べている梅干しの漬け方や梅干しを使った料理レシピを、またJA紀州の梅加工グループからは、梅酒や梅エキス、梅ジャムなどの作り方を教わりました。
 さらに、血流の改善効果などの健康効果はもちろん、日本における歴史なども取り上げます。

毎日食べたい 寒天レシピ

 1日4グラム食べるだけで糖尿病や動脈硬化を予防するといわれ、健康効果が改めて注目されている寒天。秋田県JA秋田おばこ管内の寒天遣いの名人・照井律さんにレシピを教わりました。
 照井さんは体調を崩した義母のために「リンゴ寒天」を作って以来、レシピ開発に目覚め、いまやその数は500以上! そのなかから、「そうめん寒天」や「サラダ寒天」など、講習会でも大人気のレシピを披露してもらいます。

なにをしているの? 規制改革推進会議

 政府の審議会である規制改革推進会議とその農業ワーキング・グループによって、これまでJAグループにたいして急進的な提言がされてきました。
 改正農協法や、国会審議中の農業改革関連法案にも、その提言内容は盛り込まれ、今後も農業とJAのあり方に大きな影響を与えるはずです。その議事録を確認・点検しながら、規制改革推進会議の本質を探ります。

キッチン掃除は、セスキ炭酸ソーダ&とろとろ石けんにお任せ!

 キッチンの頑固な汚れを落とすなら、ずばりセスキ炭酸ソーダと、とろとろ石けんがお勧めです。
 セスキ炭酸ソーダは水で薄めて、スプレーして使います。洗浄力が強くても、手荒れしにくいのが魅力です。一方、とろとろ石けんは粉石けんをお湯で溶いたもので、換気扇の油汚れなどを一掃します。
 これらを昔から愛用している、まんが家の赤星たみこさんに、基本の作り方や使い方を詳しく教わります。

農ライフのすすめ/育てよう 紡ごう ふわふわのワタ

 ワタは、身近な衣服の材料なのに、国内自給率はほぼゼロパーセント。でも、クリーム色のきれいな花を咲かせ、収穫後もふわふわの感触が心地いい、魅力いっぱいの作物です。日本の気候に合った在来種のワタを育てる農家を訪ねて、栽培法から糸紡ぎの技まで詳しく教わりました。

地域情報版/魅力いっぱい! 国産チーズ

 国内ではとくに近年、ブルーチーズやカマンベールチーズなどのナチュラルチーズの需要が増えています。それに伴い、みずからチーズ生産をおこなう酪農家が日本各地で増えています。
 30年近くにわたりチーズ作りに取り組むベテランから、数年前にチーズ工房を開業した若手まで、輸入チーズに負けない、国産ナチュラルチーズの生産者を紹介します。

バックナンバー

2017年 4月号

〈特集〉永く住みたい みんなの家

2017年 3月号

〈特集〉いますぐ備えよう 防災のアイデア30

2017年 2月号

〈特集〉土から生まれる

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第65回 地上文学賞 作品募集のお知らせ

2017年 7月 31日(当日消印有効)