次号予告

家の光2017年 12月号

〈特集〉 繰り返し作りたい 新定番おせち
〈第1別冊付録〉2018年 家の光家計簿
〈第2別冊付録〉もしものときも安心 2018 未来にのこす わたしノート

2017年11月1日発行
定価 1008円(税込)
※企画・タイトルは変更することがあります。

「家の光」購読申し込み

〈特集〉繰り返し作りたい 新定番おせち

 おふくろの味に定評のある家庭料理研究家・本田明子さんが、簡単でだれにでも作りやすい、新定番おせちを披露します。裏ごしいらずの時短栗きんとんに、昆布だけを巻いたシンプル昆布巻きなど、新顔レシピが続々登場。おせちの残りもので作るアレンジレシピも紹介します。

ユズをまるまる使いこなそう!

 ユズの生産量日本一の高知県の生産者を訪ね、どのようにユズを使っているのか教えてもらいました。ユズ料理はもちろん、ゆずごしょうなどの加工品など、ユズを余すところなく使い切るアイデアが満載です。

農ライフのすすめ/もったいない!を生かした加工品づくり 

 傷がついたりして出荷できなかった農産物や、加工品を作るときに出る食材の端の部分……。通常は捨ててしまう部分も、アイデアしだいで、これまでにない商品に変身します。消費者のニーズを掘り起こし、売り上げアップにもつなげた事例を紹介します。

地域情報版/農家カフェのカントリースイーツ

 農家が自家産の農産物を使ってスイーツを提供するカフェが、各地で誕生しています。リンゴのケーキ、サツマイモがたっぷり入ったパフェなど、地域色あふれる農産物を生かしたスイーツを、カフェを経営する農家とともに紹介します。

〈第1別冊付録〉2018年 家の光家計簿

 2019年10月に、いよいよ10%に引き上げられる見込みの消費税。景気の後退予測とともに、読者の生活防衛意識は高まり、家計簿記帳をベースとした家計管理はますます重要度を増すでしょう。
 そこで、2018年の家の光家計簿は、カラーページで2018年以降に見込まれる家計に影響する諸制度の変更をわかりやすく図解します。
 また、記帳欄では、農業履歴や育児・介護の記録も書き込める日記欄を広げたほか、「自家生産物」や「環境家計簿」、「農業収支」もばっちり書き込めます。家計の防衛はもちろん、農業経営の改善にも役立つ家計簿です。

〈第2別冊付録〉もしものときも安心 2018 未来にのこす わたしノート

 2016年12月号の第2別冊付録に、「もしものときも安心 未来へのこす わたしノート」を付けました。寄せられた読者の声を反映して内容を充実させ、さらに書きやすくなりました。「緊急時の連絡先」だけでなく、「葬儀」「相続」「財産」「お墓」など、もしものときにたいせつな人に伝えたいことなどを、前向きに記入できます。
「わたし」の記録を次の世代に「渡す」わたしノート。あなたはだれに渡しますか?

バックナンバー

2017年 10月号

〈特集〉これを食べれば笑顔で長生き! ニッポンの長寿食

2017年 9月号

〈特集〉みんなでやろう! ニコ(2個)・ニコ(2個)おむすび大作戦

2017年 8月号

〈特集〉伝えよう あの戦争と女たちの物語

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第17回 家の光読書エッセイ 大募集

2017年 7月3日(月)~11月17日(金) 【必着】

第8回食農教育紙芝居コンクール

2017年7月3日(月)~10月13日(金) ※締切日消印有効