次号予告

家の光2017年 10月号

〈特集〉これを食べれば笑顔で長生き! ニッポンの長寿食
「2018 未来にのこす わたしノート」の勧め

2017年9月1日発行
定価 617円(税込)
※企画・タイトルは変更することがあります。

「家の光」購読申し込み

〈特集〉これを食べれば笑顔で長生き! ニッポンの長寿食

 生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きするためにたいせつなのが食生活です。食文化史研究家の永山久夫さんが“長寿の里”を訪ねて、100歳長寿の方の食生活から趣味、仲間づきあいまで、“元気で長生き”の秘訣に迫ります。

「2018 未来にのこす わたしノート」の勧め

『家の光』12月号第2別冊付録「2018 未来にのこす わたしノート」の監修者である、日本エンディングサポート協会理事長の佐々木悦子さんが、エンディングノートをのこすメリットや書くタイミングと心構えなどについて、わかりやすく語ります。
 さらに、昨年版よりもさらに充実する「わたしノート」の特徴を、いち早く紹介します。

人は出会いによって変わる

 牧師であり、福岡県北九州市のNPO法人抱樸(ほうぼく)を運営する奥田知志さんは、ホームレスの自立支援活動から始まり、社会的・経済的な困窮者、孤立者への支援に取り組んでいます。こうした活動により、このたび第1回賀川豊彦賞を受賞しました。奥田さんに、人と人が支えあうことのたいせつさを伺います。

農ライフのすすめ/こつこつ ゆっくり つばた流 保存食・加工品づくり

 夫婦の豊かな生活を描いたドキュメンタリー映画『人生フルーツ』で、多くの人に感動を与えた津端修一さん・英子さん夫妻。夫の修一さん亡きあとも、野菜や果物を育てて、収穫した作物を加工するなど、ていねいな暮らしを続けている英子さんに、保存食と加工品の作り方を教わりました。

多肉植物でメッセージボードを作ろう!

 肉厚で見た目がかわいい多肉植物を育てましょう。楽しく寄せ植えをすれば、家族みんなで使えるおしゃれなメッセージボードが作れますよ。

地域情報版/世界にはばたけ 認証農産物

 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックを視野に入れて、GAP、GI、ハラール認証など、農産物の認証制度に注目が集まっています。こうした認証制度を活用しながら農産物の輸出拡大をめざす、産地の取り組みを紹介します。

バックナンバー

2017年 8月号

〈特集〉伝えよう あの戦争と女たちの物語

2017年 7月号

〈特集〉なるほど! 子育て・孫育て

2017年 6月号

〈特集〉梅名人になろう!

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第17回 家の光読書エッセイ 大募集

2017年 7月3日(月)~11月17日(金) 【必着】

第8回食農教育紙芝居コンクール

2017年7月3日(月)~10月13日(金) ※締切日消印有効