教育文化・家の光プランナー

教育文化・家の光プランナーとは

JA教育文化活動の“仕掛け人”です

「教育文化・家の光プランナー」制度は、平成15年度から発足したJAと家の光協会をつなぐ制度です。
現在、多くの広域JAにおいて、組合員の結集力の弱まりが共通の課題となっており、JA教育文化活動(教育広報活動と生活文化活動)の促進・活性化の重要性が指摘されています。
そこで、魅力ある教育文化活動企画の立案・実施に中心的な役割を果たす、JA教育文化活動の“仕掛け人”となり得るJA職員の方々を「教育文化・家の光プランナー」として設置・登録し、家の光協会が事務局となりさまざまな活動支援を行います。
あなたのJAでも設置しませんか?

設置要領

名称 「教育文化・家の光プランナー」
目的 組合員の参加・参画意識や協同意識を高めるための、魅力ある教育文化活動企画を立案・実施するにあたり中心的な役割を果たし、家の光事業を生かしたJAの教育文化活動のいっそうの活性化を図ることを目的とする。
対象・人数 JAの教育文化活動担当部署または総務企画担当部署、および家の光事業担当部署の部課長、1JA2名を原則とする。ただし、JAの意向を踏まえて部署や人数を決定するものとする。
登録の手順 所定の登録届出用紙(推薦書)に記入のうえ、原則としてJA中央会経由で家の光協会に提出する。
任期 JAの教育文化活動活性化の中心的役割を果たすため、原則として役職の在任期間とする。退職や異動等による退任の際は、後任者に引き継ぐことを基本とする。
引き継ぎの際には、届出用紙(引継届)に記入のうえ、JA中央会経由で家の光協会に提出する。

家の光協会の主な実施事項

教育文化活動に関する情報を定期的に提供します

  • 教育文化活動に関する情報を「教育文化・家の光プランナー通信」等で定期的にお送りします。あわせて本会発行の「JA教育文化」「家の光ニュース」を寄贈します。

一流講師陣で構成する「教育文化・家の光プランナー専修講座」の参加資格が得られます

  • 「専修講座『基礎コース』」
    初任者のプランナーを対象とし、宿泊費を含む交通費(JAの本店<本所>から会場最寄駅までの本会規定旅費)、研修経費を家の光協会で負担いたします。ただし、中央会出席者は分担金として10,000円を徴収し、交通費は各自で負担を願います。
  • 「専修講座『実践コース』」
    「地区別JA教育文化活動実践研究集会」を専修講座の一環と位置づけます。
    なお、参加費を家の光協会が負担(往復交通費はJA負担)します。
<専修講座のカリキュラム(例)>
  • JAの経営戦略に基づいた教育文化活動を展開するための体制づくり
  • 広域JAにおける組合員教育(協同組合学習)の展開・組合員の参加
  • 参画を促進する生活文化活動の展開と組織づくり
  • 次世代対策の具体的実施方策
  • 教育文化活動を促進
  • 活性化させる家の光事業の生かし方

※講師は全国家の光講師の他、学者・実践者等が務めます。

毎年開催の全国家の光大会へ招待します

  • 全国家の光大会は、家の光事業を活用した教育文化活動の実践事例が発表される場で、交流の場でもあります。規定枠とは別に、大会助成規定に基づき教育文化・家の光プランナーをご招待します。

本会が実施する各種フォーラムや研究集会への参加呼びかけを優先的にご案内いたします

  • 開催のご連絡だけでなく、関連の報告書や資料も提供します。

家の光事業に対するご意見・提言をしていただきます

  • アンケート調査等によりご意見・提言をいただき、積極的に家の光事業に反映させていきます。