次号予告

やさい畑2019年春号

「やさい畑」2019年春号
平成31年3月1日発売
定価838円(税別)

記事の内容は変わることがあります。

「やさい畑」購読申し込み

〈新連載〉女子栄養大学農園の野菜づくり

埼玉県坂戸市にある、女子栄養大学の農園を運営する新井眞一先生は、害虫写真の大家にして、名うての野菜づくり名人。
管理栄養士を志す学生たちに、日ごろから野菜づくりを手ほどきしています。

そんな教え上手が「はじめて野菜を作ろう」という皆さんのために、基本を徹底解説。

初回の春号では、トマト、ナス、キュウリなどの人気の夏野菜の育て方を教えていただきます。

とれすぎて、ごめんなさい サツマイモのペットボトル植え

農業高校教諭として長年、栽培を教えてきた麻生健洲さんは、常識にとらわれない栽培アイデアを次々と発明しています。

今回のアイデアは、サツマイモは通常、苗を植えつけますが「買ってきたイモで、栽培に挑戦しよう」という大胆なもの。

種イモを切り、ペットボトルなどの容器に押し込んだところ、驚くべき結果になりました。

ダメ苗はひと目でわかる 元気苗の探し方・見極め方

福岡県のJA糸島園芸グリーンセンターAgriで、園芸技術アドバイザーを務める「ドクター古藤」こと古藤俊二さんは、栽培名人かつ、農業資材や苗販売のプロフェッショナルです。

実際に売られている苗を例に、野菜ごとに、理想の苗とダメな苗の違いを、分かりやすい写真とイラストでじっくりお見せします。

苗の購入のお供に、お役立てください。

〈別冊付録〉手づくり肥料&液肥ハンドブック

これまで『やさい畑』で好評を博してきた肥料や液肥のつくり方を、便利で持ち運びしやすい別冊にまとめました。

雑草・野菜残渣・生ゴミなどを原料にしたリサイクル肥料や、速攻型のボカシ肥、米のとぎ汁液肥など。

種まきや植え付け前後から、収穫が終わるまで、栽培期間全般にお使いいただけます。

別冊

バックナンバー

2018年冬号

〈特集〉使える! 昔農家のお宝ワザ

2018年 秋号

〈特集〉畑が生まれ変わる 理想の堆肥

2018年 夏号

〈特集〉栽培力底上げ教室