次号予告

やさい畑2019年冬号

2019年11月2日発売
定価922円(税込)

*内容は変更になることがあります

「やさい畑」購読申し込み

目的に合わせて使いこなす  めざせ! 肥料名人

施肥でもっとも合理的なのは、有機質肥料と化学肥料の両方を使い分けること。

この企画では、作る野菜や生育ステージに応じてどういう肥料を使ったらよいかを考察します。

「土や野菜によいと聞くが、どう使ったらいいかいまいちわかりにくい」という声が多い米ぬか・油粕・鶏ふんの活用法や、特定の野菜専用とされている肥料の正体にも迫ります。

タマネギづくり 3つの秘策

読者のみなさんから「うまくできなかった」という声の多いタマネギ。

密植すると根張りがよくなり、単位面積当たりの収量がアップします。
大きな苗と小さな苗で効果を検証したところ、大きな違いがありました。

そのほか、ネギのように土寄せしながら大きく甘い玉にする「深植え」と、出荷農家の栽培法を家庭菜園向きにアレンジした「遅植え」を一挙に公開します。

新連載 小さくはじめる有機菜園

東京都世田谷区で小規模ながら出荷農家を営む関田農園。
ここでは草や虫と共生し、無農薬を貫きながら野菜づくりの質を高めています。

そのアイデアは小規模であるがゆえ、家庭菜園で応用できるものばかり。
一つの畝で幾とおりもの野菜を育てるスペース活用法、雑草マルチの方法などを順次ご紹介。

第1回めは、臭いのしないボカシ肥づくりです。

別冊付録 2020年野菜づくりカレンダー

その時期に育てることのできる野菜と、するべき作業が一目瞭然で、作付けプランが簡単に立てられると毎年好評をいただいています。

壁に掛けて使え、作業予定や作業内容を書き込めます。
なお2020年のカレンダーは大きく見やすく改訂し、情報量もパワーアップ。

いつもの年より2か月早くお届けしますので、お買い逃しのないようご注意ください。

別冊

バックナンバー

2019年夏号

〈特集〉栄養たっぷりでよくとれる うまい秋野菜の育てワザ

2019年初夏号

実つきがどんどんよくなる 夏果菜の成功仕立て

2019年春号

連作できる植えつけ

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第42回 ちゃぐりん感想文 大募集!

2019年 9月 27日(金)まで (当日消印有効) 

おむすびキッズコンテスト 作品募集

2019年 10月 31日(木)まで (必着)