家の光

8月1日発行
定価 別冊付録とも906円(税込)
表紙モデル:葵 わかな

目次

目次

一輪の詩
新川和江

表紙の人
葵 わかな

食べられる
ハロウィーンリース

きずなの力-被災地からの便り
武藏裕子
岩手県陸前高田市(JAおおふなと管内)

〈特集〉
逆境に負けないぞ!
村を元気にするスゴイ人

農がたり
増田明美

『家の光』読者体験手記
「おむすびとわたし」優秀作

『家の光』読者体験手記大募集

つながる ひろがる 絵手紙のわ

美輪明宏の人生相談

わが家の実験

カトリック信徒12億人にアピール!
世界に届け、京の食材

残暑に負けない 熱中症対策

エダモンの旅して産直レシピだモン!
女たちが守り続ける
会津のインゲンはひと味違う
福島県会津美里町(JA会津よつば管内)

教えて 暮らしのマエストロ
えっ、こんなにきれいになるの!?
驚きの中村式しみ抜き術

農ライフのすすめ
米ぬかを畑で徹底活用

お助け! 家計防衛隊
被害件数はいまだ増加中!
多様化する詐欺・悪徳商法に注意して

やさしいハンドメイド
アクリル毛糸で作る
お掃除スリッパ

石原新菜先生の未病クリニック
夏の食欲不振

5分でいきいき楽しいゲーム

1日1分でOK! 朝イチ顔ヨガ

カルチャー・ワンダーランド
 光浦靖子の乙女のブローチ日記
生島 淳のすぽるぽ
 よしひろまさみちのシネマ天国
ペリー荻野のテレビ珍道中
豊﨑由美の雨読のススメ

グリーンウオッチ
政治経済、世界の食と農ほか

蔵王の地から発信!
日本の酪農の発展に向けて

今こそ協同組合の底力
地域福祉事業所 WORKERS NET RINGS
事業所長 木下史郎

知叡先生が占う 星座のささやき

親と子の童話 
まねっこタヌキ
作・絵 きむらゆういち

子どもの目 おじいちゃんは名人さん

連載漫画 ゆいっこ
石川サブロウ

じんわり ほっこり 農村ストーリー
心の肥やし

心と体の健康インフォメーション
ため息のススメ

JA自己改革 白熱講義
福島大学 行政政策学類教授
岩崎由美子

第2回家活グランプリ最優秀賞作品発表

第18回家の光読書エッセイ大募集

クイズで学ぼう! JA基本のき

協同の心で明日を拓く
愛知県JAあいち三河
代表理事組合長 天野吉伸
(※「吉」の字は、正式には「土」の下に「口」)

みんなでできた! JA女性組織
岐阜県JAぎふ女性部

フレミズnavi
広島県JA芸南女性部
フレッシュミズ部会

あなたとわたしの縁側ティータイム

詰め碁・詰め将棋

家の光読者文芸 

頭の体操 クロスワードパズル

家の光読者アンケート

〈地域情報版共通企画〉
農家カフェをはじめよう!

Oh! 農! 熱血ハイスクール
北海道真狩高等学校 野菜製菓コース

わが家の自給力アップ&
庭仕事をもっと楽しく
家庭園芸
野菜/タマネギ、葉ゴボウ
花/ケイトウ

そうだったのか 畑のサイエンス
加工種子ってどんな特徴があるの?

エーコープマーク品でミニミニおやつ

家の光料理カード

本谷惠津子の料理上手の覚書

ご当地発! ニコ・ニコおむすびレシピ

10月号のお知らせ

家の光

2018年 9月号

主な企画

〈特集〉逆境に負けないぞ! 村を元気にするスゴイ人

 人口が減って、商店は空き家になり、伝統文化がとだえ、農地も荒れる――。いま、「衰退」を伝えるニュースばかりが耳に飛び込んできます。とくに悩みが深いのは「村」。高齢化が顕著な古くからの集落や農村です。
 しかし、熱意に満ちた人々が地域を引っぱり、豊富なアイデアで活力を吹き込む事例が、今も各地で生まれています。「耕作放棄地をなくす」「伝統文化をつなぐ」「空き家を使う」など、各地が抱える課題を乗り越えようと活躍する “スゴイ”5人を紹介します。

食べられる ハロウィーンリース

 年中行事としてすっかり定着した感のあるハロウィーン。ミニカボチャなどを使ったリースを、クリスマスのときのように玄関や部屋に飾る家も増えてきました。そこで今年は、リング状に焼いたカボチャのケーキに、さまざまな飾りつけをした「食べられるリース」を作ってみませんか? 家族や来客に喜ばれること、まちがいなしです。

残暑に負けない 熱中症対策

 体内に熱がこもることで引き起こされる熱中症。農作業中の熱中症による死亡事故は、8月にもっとも発生しており、熱中症にかかる人の8割以上は70歳以上の高齢者です。
熱中症を予防するための3つのポイントや、かかったときの応急処置などを紹介します。

農ライフのすすめ/米ぬかを畑で徹底活用

 玄米の栄養素の9割以上が含まれ、栄養成分の宝庫である米ぬか。微生物を殖やして地力を高める、病害を抑えるなど、米ぬかが土壌や作物にもたらす効果が、研究で明らかになってきました。
 米ぬかの秘めた力を畑で生かす活用法を紹介します。

地域情報共通版/農家カフェを開こう!

 自家農作物を使った料理やスイーツを提供する農家カフェ。田畑に囲まれた癒やしの空間が、人々を魅了しています。農家にとっては、農作物に付加価値をつけて、その魅力を発信できる場所。開業までのノウハウを交えながら、各地の農家カフェを紹介します。

〈第1別冊付録〉楽しみながら、物忘れ・認知症を防ぐ いきいき「脳トレ」BOOK

 厚生労働省は、2025年に高齢者の5人に1人にあたる700万人が認知症を発症するという推計を示しました。脳の機能は、何もしなければ一直線に下がっていきますが、頭を使ってトレーニングすることで、その下がり方を緩やかにしたり、維持したりすることも可能です。
「クロスワードパズル」をはじめ、記憶力を鍛える「虫食い算クイズ」「ことわざ文字並び替えクイズ」、洞察力を鍛える「正しい漢字探しクイズ」「推理パズル」など、家族や仲間とも楽しめるパズルやレクリエーションに取り組んで、物忘れ・認知症予防に役立てましょう!

〈第2別冊付録〉農協改革に喝! 賢者が語る 農業・JAの未来

 農業を営みながら文筆活動を続ける、作家の山下惣一さんと、広島県JA三次代表理事組合長やJA全中副会長などを歴任した村上光雄さん。
 それぞれ農業とJA運営に長年携わってきた2人に、農協改革への対応や、JA自己改革の進め方、組合員と共に歩む農業とJAの未来などについて、提言をしていただきます。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「家の光」購読申し込み

バックナンバー

2018年 8月号

〈特集〉キッチンから考える環境問題

2018年 7月号

〈特集〉もしものときは、わたしたちの出番! 最強の防災術55

2018年 6月号

〈特集〉もっと、モォ~ッと牛乳!

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第18回 家の光読書エッセイ 大募集

2018年 7月2日(月)~11月9日(金) 【必着】