次号予告

ちゃぐりん2018年 9月号

2018年8月1日発行
定価 483円(税込)
※企画・タイトルは変更することがあります

「ちゃぐりん」購読申し込み

【食&農特集】チャレンジ! おはぎ

お彼岸といえば、おはぎ。ご飯をつぶしたり、丸めたりとその作業がとても楽しい、子どもたちに人気のおやつです。今回は、うるち米ともち米を炊飯器で炊いて、市販の粒あんを使って作る簡単な方法を紹介します。定番の粒あんときな粉のほか、ブドウををごはんに入れて煮豆をつぶしたあんで包んだ、フルーツおはぎも紹介します。

【食&農特集】南国のめぐみ サトウキビと黒糖

サトウキビの産地・沖縄県伊良部島の農家の方を訪ね、黒糖ができるまでの工程を取材しました。サトウキビ畑や収穫の様子のほか、生産農家ならではの黒糖を使った自然なやさしい甘みのお菓子やドリンクも教わります。

【連載】左依先生のサイエンスクッキング~ブドウ~

調理科学について詳しい料理研究家の為後左依先生による連載です。テーマは「ブドウ」です。ブドウの皮を煮出して、酢、重曹などを入れて色の変化を見る、アントシアニンの実験をします。また実験後のブドウは、おもてなしにぴったりのコンポートにします。また、砂糖の加熱による性質の変化の実験も兼ねて、「ぶどうあめ」も紹介します。

【連載】「いのちの歴史」 太田寛一

北海道出身。士幌町農協組合長、ホクレン会長、全農会長を歴任し、農協直営の澱粉工場を運営するなど、農民による農産品加工を全国に先駆けて実現しました。47年間にわたり農協運動にたずさわった人生をマンガで追います。

バックナンバー

2018年 7月号

【食&農特集】日本の食器のひみつ

2018年 6月号

【食&農特集】「お茶」っていってもいろいろあるんだ 

2018年 5月号

【食&農 新連載】左依先生のサイエンスクッキング~卵~

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第18回 家の光読書エッセイ 大募集

2018年 7月2日(月)~11月9日(金) 【必着】

第16回 家の光読書ボランティア養成講座 in 奈良【受付終了】

7月3日(火) 10:00~16:00 【受付終了】