やさい畑

9月1日発行
定価 905円(税込)

目次

その他の目次

○畑の逸品「はじめての地下足袋」力王

○健洲先生直伝!「小カブのトレー丸ごと植え」麻生健洲

○よみがえれ!昭和農家の驚きワザ「ハクサイをかならず結球させる方法」

○『百姓屋敷じろえむ』の有機農業と料理「農家3百年 野菜のごちそう」

○やさい畑大賞 募集のお知らせ

○個性派野菜を育てよう「ファーべ、ターニップ、紅菜苔」武井敏信

○〈新連載〉家庭菜園に役立つ天気の話「霜が降りるサインを見抜く」古川武彦

○農家が教えるうまい品種「品種にこだわる農家が推す 色・味よく作りやすい野菜」 今回の農家/苅部博之さん(神奈川県横浜市)

○完熟を楽しむ菜園果樹「ユズ」三輪正幸

○菜園ライフグッズプレゼント

○やさい畑倶楽部vol.80

○野菜の知恵袋

○雑草ふしぎ発見 第3回「抜けば抜くほど生えてくる?」稲垣栄洋

○虫の居どころ 第12回「畑の鼻つまみ者 カメムシには悪玉と善玉がいる」

やさい畑

2017年 秋号

「やさい畑」購読申し込み

主な企画

〈特集1〉めざせ! 肥料の達人  種類と特徴、使い方が超図解で丸わかり

指導・監修:加藤 哲郎

肥料売り場に並ぶ大量の商品のなかから、必要なものを選び取るのは容易ではありません。
でも、この記事を読めば大丈夫。
「超図解」で、どの肥料がどの野菜にどのように必要なのか、ひと目で理解できます。

○肥料の要は、この3つの要素
○肥料の種類と特徴
○肥料の上手な施し方
○種類別肥料ガイド
 油粕/魚かす/発酵鶏ふん/骨粉/草木灰/普通化成/NK化成/IB入り化成/被覆肥料入り配合肥料/有機配合肥料/硫安/過リン酸石灰/硫酸カリ/液体肥料/活力剤/ボカシ肥/緑肥
○野菜ごとの施肥量と施し方のポイント

〈特集2〉見分け方早わかり 秋冬野菜の病気&害虫完全対策ガイド

指導・監修/米山伸吾(病気)、根本 久(害虫)

 秋冬野菜は、栽培期間中に夏の高温乾燥期から秋の適度な温度に秋雨の高湿度が加わった気候へ大きく変動するため、害虫にも病気にもかかりやすくなります。
 ここでは、家庭菜園で定番の秋冬野菜9種類について、とくに発生しやすい病気に着目し、症状と対策を解説します。
 また、被害の大きい6大害虫の防除法についてもお教えしましょう。

〈病気〉
キャベツ/ブロッコリー/ダイコン/カブ/ハクサイ/レタス/ホウレンソウ/ネギ/ニンジン

〈害虫〉
ネキリムシ/ダイコンシンクイムシ/カブラハバチ類/アオムシ/ヨトウムシ類/キスジノミハムシ

〈連載第4回〉畑のエジソン 技あり菜園塾

栽培指導:本多勝治

千葉県印西市で年間約50種の野菜を作る本多さん。
「知恵は使うがお金はなるべく使わない」
その菜園は数々の工夫に満ちています。

〈今号で紹介する野菜〉
イチゴ/エンドウ/ソラマメ/ニンニク/ホウレンソウ/ナバナ/のらぼう菜/葉物の育て技/小カブ/シュンギク/コマツナ/チンゲンサイ/ミズナ/カラシナ

堆肥づくりのための落ち葉図鑑(省スペース堆肥の作り方付き)

監修:藤原俊六郎

 落ち葉堆肥には、畑の水はけや水もちを改善し、多様な微生物のすみかになり、さらにはその効果が長持ちするという利点があり、菜園にぜひ導入したい資材の一つです。
 家庭でもつくることができますが、材料となる落ち葉にはさまざま種類があり、つくり方も異なってきます。
 今年はこの図鑑を参考に、ワンランク上の落ち葉堆肥づくりを目指してください。

伝説の味が家庭でよみがえる 仙人の焼きいも

指導:桃谷具九夫

 かつて、茨城県つくば市に「仙人」と呼ばれていた焼きいも屋がいました。
 惜しまれつつ店を閉じましたが、昔ながらの壷焼きによる仙人の焼きいもを「日本一の味」と懐かしむ人も少なくありません。
 「やさい畑」では、その伝説の味をよみがえらせるべく、仙人の指導のもと、家庭でできる本格的な壷焼きいもの再現に挑戦、仙人のお墨付きをいただきました。

野菜の健康状態を知る奥の手 畑を測る

 一見、同じようにみえる畑でも、おいしい野菜ができることもあれば、うまく育たないこともあります。
 その原因は、土の成分や野菜が吸収する栄養バランスなど、目に見えない部分にあるかもしれません。
 そこで、畑と野菜の“健康”を測る便利な機器を使って、正しい対策を導き出しましょう。

〈連載17回〉木嶋博士の驚き育てワザ 「甘い実がたくさんとれる イチゴとニンニクの混植」

栽培指導:木嶋利男

 ヨーロッパでは魔よけにも使われてきたニンニク。
 このニンニクとイチゴ混植すると、イチゴが病害虫に強くなるのはもちろん、収量が増え、糖度も高まるというのが今回の驚きワザ。
 コンパニオンプランツの第一人者である木嶋博士が、とっておきの組み合わせをご紹介します。

〈連載〉イガさんの菜園実験室 「ホウレンソウ種の加工処理の効果を検証」

栽培指導:五十嵐 透 

発芽が難しいといわれる野菜の一つホウレンソウ。
そのため、発芽しやすいようにと、様々に加工された種子が販売されています。
そこで、どんな加工が、どんな状況にたいして効果があるのか、実際に種まきして検証しました。

〈連載第8回〉スマイル農園のミラクル栽培 「実をふんわりやさしく受け止める イチゴのハンモック栽培」

栽培指導:豊泉 裕

 あともうすこしで収穫できる、というときに傷ついたり、カビたりしやすイチゴの実。
 プロが施設で作るように実を宙に浮かせて栽培できれば、実が傷つくこともなく、収穫作業も楽になるのでは?
 身近な農業資材を利用して、家庭菜園でもできる方法を求め実験しました。

〈連載〉めざせ大発見 畑の探求者 「ソラマメ多収栽培術」

 野菜の知られざる真実を追い求め、新たな栽培法の確立をめざす畑の探求者。
 今号は、南米アマゾンの熱帯雨林を肥沃な畑につくり変えた古代農法に学び、籾殻くん炭を漉き込んだ畑でソラマメ栽培に挑戦した。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「やさい畑」購読申し込み

別冊

バックナンバー

2017年 夏号

〈特集1〉相性のよい野菜 悪い野菜 ―畑の切り替え時期におおいに役立つコンパニオンプランツ講座―

2017年 初夏号

〈特集1〉夏野菜 育ての秘策――超図解でよくわかる 仕立てのワザ・施肥のコツ――

2017年 春号

〈特集〉「春の仕事」を極める ―土づくりから肥料、資材、種苗の選び方まで完全解説ー

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第17回 家の光読書エッセイ 大募集

2017年 7月3日(月)~11月17日(金) 【必着】

第8回食農教育紙芝居コンクール

2017年7月3日(月)~10月13日(金) ※締切日消印有効