やさい畑

7月2日発行
定価 905円(税込)

目次

その他の目次

畑の逸品「システムボトル」スノーピーク

命をまるごといただく 永平寺の野菜料理 三好良久 

個性派野菜を育てよう「サボイキャベツ、カーボロネロ、プンタレッラ、フェンネル」武井敏信

畑で育てる絶品果樹「ウメ」三輪正幸

めざせ大発見 畑の探求者「古の知恵を再現! トウガラシの辛み調整栽培」和田義弥

家庭菜園で役立つ 雑草教室「ツユクサ」稲垣栄洋

やさい畑倶楽部vol.73

農家から学ぶ 野菜の知恵袋

虫の居どころ第8回「見えない場所でも害虫退治 暗殺者シオヤアブの最強伝説」小川幸夫

「カギは通り道の見極め モグラ捕りの秘訣を聞く」秋山雅世

やさい畑

2016年 夏号

「やさい畑」購読申し込み

主な企画

〈特集1〉 使える! 昔農家の驚きワザ

「連作で品質向上」「傷めつけ栽培で増収」など

化学肥料や農薬といった便利な資材が、いまほど普及していなかった時代。
農家は知恵を絞り、良質な野菜を育てようと切磋琢磨していました。
大正時代に創刊された農業雑誌と、江戸時代の農書から厳選した育てワザを、現在の家庭菜園に蘇らせました。

〈特集2〉 収穫時期を延ばす、これから植える 夏野菜を2度楽しむ法

監修:麻生健州

夏野菜の収穫最盛期を迎え、食べきれないほどの収穫物にうれしい悲鳴を上げている人も多いことでしょう。
一方、思うような収穫ができなかった人もいらっしゃるのではないでしょうか。
さて暑さがピークを迎える頃には、多くが収穫を終え、畑は一転、さびしい姿になります。
とれなくなると、よけいに食べたくなるのは人の常。
ここでは、通常の収穫期以降も夏野菜がとれる、とっておきの栽培テクニックを紹介しましょう。

〈連載第3回〉手とり足とり菜園教室

埼玉県朝霞市で5代続く「さかうえ農園」の園主である渡邉俊夫さん・澄江さんご夫妻。
俊夫さんに秋冬野菜の栽培を、澄江さんに収穫できすぎて困る夏野菜の料理を指導していただきます。

栽培
ニンジン/ダイコン/ブロッコリー、カリフラワー/ハクサイ/キャベツ/秋冬野菜の苗づくり

料理に使う野菜
トマト/ナス/キュウリ/ショウガ/カボチャ/エダマメ/トウモロコシ

健州先生直伝! 高糖度&風味抜群! 曲がりネギの省力栽培術

栽培指導:麻生健州

栽培を少し工夫するだけで、いつもの長ネギが甘くやわらかな曲がりネギに!
しかも、長ネギ栽培につきものの、深い植え溝掘りやこまめな土寄せが不要です。
おいしくなるのに労力は激減、一石二鳥の“健州流”栽培術を紹介します。

太陽の力を徹底利用 畑を若返らせる秘策

指導:涌井義郎

夏野菜から秋冬野菜へ切り替えるこの時季。
今だからこそできる畑の若返らせ作業があります。
太陽熱を利用して土中の病原菌や害虫の卵、雑草の種を簡単・安全に駆除する方法を、家庭菜園むきにアレンジしたものを、有機栽培技術の指導に長年携わってきた涌井義郎先生に教わります。

〈連載第10回〉 木島博士の驚き育てワザ 「病害虫に強くなり、結球しやすくなる『ハクサイの胚軸切断挿し木法』」

栽培指導:木嶋利男

秋まきのハクサイづくりの悩みは病害虫による被害と、生育の遅れによる不結球があげられます。
「幼苗期のひと工夫で、苗の性質が強くなって、そんな悩みが解消する」アメリカで特許も取得した驚きのワザを紹介します。

農家が教えるうまい品種(今回の農家さん/横浜小松ファーム松本勝彦さん)

「色や形がユニークでも、作り方や食べ方は変わらない。ならば見て楽しい野菜がいい」

農業暦50年の経験と卓越した技術で神奈川県の農業を牽引する松本さん。
近年は、横浜のホテルや有名料理店からのリクエストを受け、新品種の栽培に力を入れている。
「味がいいのは当たり前。野菜は見た目でも楽しもうよ」が口癖の松本さんに、料理人からとくに人気の高い秋冬野菜の品種を教えてもらいました。

ニンジン/トレビス/ダイコン/ロマネスコ/キャベツ/リーフレタス

取り扱っている種苗会社の連絡先も併記してありますので、気に入った野菜があったら注文できます。

イガさんの菜園実験室 「一度きりではもったいない!『キャベツの2度どり栽培術』」

栽培指導:五十嵐 透

キャベツの収穫は一株一度限りがふつうですが、じつは、キャベツは多年草。
「収穫後に株を残しておけば、もう一度収穫できるはず」と、練馬で体験農園の指導をしている五十嵐さん。

お得感たっぷりのキャベツの2度どり栽培術を、今期のキャベツ栽培でお試しあれ!

〈連載〉畑のエジソン 有機農業塾④ 『夏の2大虫よけスプレー/とっておき廃物利用法』

栽培指導:本多勝治

収穫までもうひとがんばりというときに発生し、致命的な被害をもたらす、憎い害虫たち。
無農薬栽培の宿命とはいえ、対処方法はあります。
自然素材や身近な生活資材で作る防除剤です。
自然の材料を使った本多さん特製のスプレーを紹介します。

〈新連載〉スマイル農園のミラクル栽培 『検証 遅まきトウモロコシ』

栽培指導:豊泉 裕

夏の終わりに植えると、冬にはうんと甘い実がとれる。
昨年の夏号で大反響を呼んだ「秋まきトウモロコシ」を、改めて検証します。
どのくらい甘い実がとれるのか、いつまでとれるのか。
早生と中生の2品種をまいて調べてみました。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「やさい畑」購読申し込み

別冊

バックナンバー

2017年 初夏号

〈特集1〉夏野菜 育ての秘策――超図解でよくわかる 仕立てのワザ・施肥のコツ――

2017年 春号

〈特集〉「春の仕事」を極める ―土づくりから肥料、資材、種苗の選び方まで完全解説ー

2017年 春準備号

土がよくなる! 野菜がよく育つ! 菌は畑の救世主

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第17回 家の光読書エッセイ 大募集

2017年 7月3日(月)~11月17日(金) 【必着】

第8回食農教育紙芝居コンクール

2017年7月3日(月)~10月13日(金) ※締切日消印有効