家の光

10月1日発行
定価 617円(税込)
表紙モデル:黒木 華

目次

目次

一輪の詩
新川和江

表紙の人
黒木 華

「星取県」の夜空

つながる ひろがる 絵手紙のわ

農がたり
林家たい平

〈特集〉
最高にうまい
ご飯の炊き方

『家の光』読者体験手記大募集

『家の光』読者体験手記
「おむすびとわたし」優秀作

わが家の実験

美輪明宏の人生相談

きずなの力-被災地からの便り
阿部成子
岩手県大槌町(JAいわて花巻管内)

冷凍でうまみがアップ!
キノコ玉大作戦

〈短期集中連載〉
JA自己改革
女性の立場から点検!
宮崎県JAこばやし
理事 宮脇桂子

エダモンの旅して産直レシピだモン!
世界農業遺産のワサビだよ!
静岡県伊豆市(JA伊豆の国管内)

やさしいハンドメイド
卵の殻がきれい!
キラキラスノードーム

2019 未来にのこす
わたしノートの勧め

お助け! 家計防衛隊
ちゃんと申請しよう!
給付されるお金、還付されるお金

石原新菜先生の未病クリニック
腰や関節の痛み

農ライフのすすめ
達人に教わる
“稼げる”直売所出荷術

5分でいきいき楽しいゲーム

カルチャー・ワンダーランド
 光浦靖子の乙女のブローチ日記
生島 淳のすぽるぽ
 よしひろまさみちのシネマ天国
ペリー荻野のテレビ珍道中
豊﨑由美の雨読のススメ

1日1分でOK! 朝イチ顔ヨガ

グリーンウオッチ
政治経済、世界の食と農ほか

JA自己改革の“針路”

今こそ協同組合の底力
愛媛大学 教育学部教授
松野尾 裕

知叡先生が占う 星座のささやき

親と子の童話
カッパのおんがえし
作・内田麟太郎 絵・大橋重信

子どもの目 ふじ山と夕日がかさなった

連載漫画 ゆいっこ
石川サブロウ

じんわり ほっこり 農村ストーリー
心の肥やし

JA自己改革 白熱講義
福岡県JA福岡市 前代表理事専務
清水秀喜

「JA家の光絵手紙教室」を開きましょう!

クイズで学ぼう! JA基本のき

協同の心で明日を拓く
岩手県JA岩手ふるさと
経営管理委員会会長 後藤元夫

みんなでできた! JA女性組織
東京都JA町田市女性部

フレミズnavi
静岡県JAとぴあ浜松女性部フレッシュミズグループ
「ハイビスカス’15&ローズの会」

あなたとわたしの縁側ティータイム

詰め碁・詰め将棋

第18回家の光読書エッセイ大募集

家の光読者文芸 

頭の体操 クロスワードパズル

家の光読者アンケート

〈地域情報版共通企画〉
花盛りのお米スイーツ

Oh! 農! 熱血ハイスクール
埼玉県立皆野高等学校

わが家の自給力アップ&
庭仕事をもっと楽しく
家庭園芸
野菜/サトイモ、シャンツァイ
花/ネリネ

そうだったのか 畑のサイエンス
堆肥を入れると土はどう変化するの?

エーコープマーク品でミニミニおやつ

家の光料理カード

本谷惠津子の料理上手の覚書

ご当地発! ニコ・ニコおむすびレシピ

12月号のお知らせ

家の光

2018年 11月号

主な企画

〈特集〉最高にうまい ご飯の炊き方

 今年も、新米の季節が到来! そのおいしさをもっと引き出す炊飯法を知りたくありませんか?「ご飯の炊き方ぐらい」と思っている人ほど、ぜひお読みください。ほんの少しの手順の違いで、炊きあがりが大きく変わります。
 さらに、いろいろな鍋での炊き比べの意外な結果や、何杯でも食べられる絶品のご飯のお供のレシピもお届けします。

冷凍でうまみがアップ! キノコ玉大作戦

 秋の味覚のキノコは、冷凍してから加熱して使うと、よりいっそうおいしくなります。シイタケやシメジ、エノキ、マイタケなど数種類のキノコを混ぜ、ラップで包んで冷凍する「キノコ玉」を作りましょう。
 凍ったまま加熱調理に使うだけで、味も香りも歯ごたえもアップ! キノコ玉を使った和食、洋食のレシピを紹介します。

ハッピー マイライフ関連企画/2019 未来にのこす わたしノートの勧め

『家の光』エンディングノートとして好評を得ている「わたしノート」。今年度は2019年1月号の第2別冊付録としてお届けします。
 そこで、記入することでどのようなメリットがあるのか、漫画で紹介します。よりよい人生の終わりを迎えるための「終活」を強力にサポートする「わたしノート」を、ぜひ活用してください。

農ライフのすすめ/達人に教わる “稼げる”直売所出荷術

「直売所に野菜を出荷しているけれど、売れ行きがいまひとつ」というあなた。多くの野菜が並ぶ中で、お客さんから選ばれる野菜を作るには、どうしたらよいのでしょうか。
 野菜の直売を始めて32年、全国の直売所からの講演依頼が相次ぐ達人が、品種の選び方から栽培のコツ、直売所での仕掛けなど、「売り上げとやりがいが倍増する直売術」を教えます。

地域情報共通版/花盛りのお米スイーツ

 だんごやおはぎなど、米を使ったお菓子は昔から多くありますが、米粉の活用などにより、そのバリエーションが増えています。
 米の消費量が減少するなか、お米スイーツの開発は消費拡大に向けた取り組みの一つ。米ならではの特徴を生かして作られている、お米スイーツを紹介します。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「家の光」購読申し込み