家の光

3月1日発行
定価 別冊付録とも906円(税込)
表紙モデル:黒島結菜

目次

目次

一輪の詩
新川和江

表紙の人
黒島結菜

五木寛之インタビュー

西郷どんを癒やした
鹿児島の湯

つながる ひろがる 絵手紙のわ

農がたり
水田わさび

〈特集〉
進化してます
ファーマーズマーケット

きずなの力-被災地からの便り
新谷尚美
福島県いわき市(JA福島さくら管内)

美輪明宏の人生相談

エダモンの旅して産直レシピだモン!
春はやっぱり
ウスイエンドウで決まりっ!
和歌山県みなべ町(JA紀州管内)

わが家の実験

教えて 暮らしのマエストロ
若い声を取り戻そう!
レッツ“声トレ”

〈第3回〉
女性部が考えるJAの役割と自己改革
もし、地域にJAがなかったら
岐阜県JAぎふ女性部

農ライフのすすめ
大地の宝箱
暮らしに役立つ薬用植物

田植えが変わる!
密苗だから、広い田んぼを
ラクラク往復できます!

やさしいハンドメイド
ハンカチで作る
幅広ヘアバンド

お助け! 家計防衛隊
どうやって準備する?
子どもの教育費

石原新菜先生の未病クリニック
生理痛

1日1分でOK!
朝イチ顔ヨガ

カルチャー・ワンダーランド
光浦靖子の乙女のブローチ日記
生島 淳のすぽるぽ
よしひろまさみちのシネマ天国
ペリー荻野のテレビ珍道中
豊﨑由美の雨読のススメ

知叡先生が占う 星座のささやき

グリーンウオッチ
政治経済、世界の食と農ほか

今こそ協同組合の底力
NPO法人 ほっとプラス 代表理事
藤田孝典

5分でいきいき楽しいゲーム

第33回「家の光童話賞」作品募集

第32回「家の光童話賞」優秀賞受賞作
みことフルーツポンチ
作・川島えつこ 絵・鈴木びんこ

子どもの目
大切なランドセル

連載漫画 ゆいっこ
石川サブロウ

じんわり ほっこり 農村ストーリー
心の肥やし

JA自己改革 白熱講義
広島県JA三次
前代表理事組合長 村上光雄

クイズで学ぼう!
JA基本のき

協同の心で明日を拓く
沖縄県JAおきなわ
代表理事理事長 大城 勉

みんなでできた! JA女性組織
岐阜県JAひだ女性部

フレミズnavi
鹿児島県JA東部フレッシュミズ

あなたとわたしの縁側ティータイム

詰め碁・詰め将棋

平成29年度ハッピー マイライフ体験文募集

家の光読者文芸

頭の体操 クロスワードパズル

家の光読者アンケート

〈地域情報版共通企画〉
産地で食す
直売所めし

Oh! 農! 熱血ハイスクール
富山県立中央農業高等学校
生物生産科動物科学コース

わが家の自給力アップ&
庭仕事をもっと楽しく
家庭園芸
野菜/セロリ、ミニトマト
花/ラグラス

そうだったのか 畑のサイエンス
畝を立てるのはどうして?

エーコープマーク品でミニミニおやつ

家の光料理カード

本谷惠津子の料理上手の覚書

〈新連載〉
ご当地発!
ニコ・ニコおむすびレシピ

5月号のお知らせ

家の光

2018年 4月号

主な企画

〈特集〉進化してます ファーマーズマーケット

「新鮮でおいしい」「作り手の顔が見えて安全・安心」――。地産地消の拠点となっている農産物直売所が盛況です。近年では、年間売上額が数億円にものぼるJAファーマーズマーケットが次々と誕生。さらに、農産物を販売するだけでなく、レストランや加工施設をはじめ、体験農園やスイーツ店などが併設されて観光施設さながらです。
 地域農業を活性化し、地域住民の農と食への関心を高め、JAとのつながりを生む場にもなっているファーマーズマーケット。愛知県大府市JAあいち知多管内の「JAあぐりタウン げんきの郷」、愛媛県今治市JAおちいまばりの「さいさいきて屋」、兵庫県稲美町JA兵庫南の「にじいろ ふぁ~みん」を訪ね、ますます重要になってきた、その機能と役割を考えます。

女性部が考えるJAの役割と自己改革 もし、地域にJAがなかったら

 JAの事業・活動の必要性を再確認するシリーズ企画の最終回は、JAをよりどころに活動するJA女性組織メンバーの視点から考えます。
 登場するのは、岐阜県JAぎふ女性部のみなさん。支部活動や小グループ活動、目的別活動、フレッシュミズ活動が盛んです。JA自己改革の取り組みに呼応して、女性部自らの改革へのチャレンジも始まっています。JAがあるからこそ生まれている、JA女性組織の食と農を軸にした活動が、地域活性化と地域力アップに果たしている役割を伝えます。

農ライフのすすめ/大地の薬箱 暮らしに役立つ薬用植物

 道端などで目にするドクダミやハトムギなどは、じつは薬用としても利用される有用な植物です。
 わたしたちの身近にあったり、よく栽培したりする代表的な薬用植物について、病気のときだけでなく、「お茶」「化粧水」「入浴剤」「虫よけ」など、ふだんの暮らしのなかで生かせるアイデアを紹介します。

西郷どんを癒やした 鹿児島の湯

 鹿児島県は、2700を超える源泉が湧出する温泉王国。なかでも霧島市には、NHK大河ドラマ『西郷どん』で話題の西郷隆盛や坂本龍馬ゆかりの湯、絶景の温泉、人情味あふれる共同浴場、ユニークな入浴文化「家族湯」発祥の湯など、魅惑のいで湯が結集しています。体も心もポカポカにぬくもる霧島“湯巡りの旅”へ、いざ出かけましょう!

地域情報版/産地で食す 直売所めし

 JAのファーマーズマーケットや直売所では、特産品を使った料理やデザートを提供する所が多くあります。
 埼玉県産のコムギを使った手打ちうどんが評判のJA南彩「農協食堂」、シシ肉とヤマノイモを使った兵庫県JA丹波ささやま「特産館ささやま」の「天然ししとろ丼」など、各地で自慢の一品を紹介します。

〈第1別冊付録〉まんがでおさらい 覚えておきたい畑仕事のきほん

 農作業は自己流でしてしまうと失敗の原因にもなります。そこで、菜園作りをスタートするこの時季に、基本から学び直す“おさらい授業”を誌上で開催します。
 具体的には、「土づくり・畝立て」「種まき・植えつけ」「施肥」「間引き・整枝・仕立て」「雑草・病害虫防除」「暑さ・寒さ対策」といった、欠かすことができない農作業について、まんがを交えてわかりやすくアドバイスします。

〈第2別冊付録〉なぜ? どうして? 図解JA

 JAグループが進めている「創造的自己改革」を成功させるためには、組合員とJAの対話が重要です。そのためにも組合員は、JAの理念、事業や活動の内容を理解したうえで、建設的な意見を積極的に出していく必要があります。
 そこで、JAの理念、組織のあり方、多様な事業・活動の内容、自己改革の取り組みなどを、イラストを中心にしてわかりやすく解説します。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「家の光」購読申し込み

バックナンバー

2018年 11月号

〈特集〉最高にうまい ご飯の炊き方

2018年 10月号

〈特集〉どうなってるの? 日本の食

2018年 9月号

〈特集〉逆境に負けないぞ! 村を元気にするスゴイ人