家の光

1月1日発行
定価 617円(税込)
表紙モデル:高橋一生

目次

目次

一輪の詩
新川和江

表紙の人
高橋一生

農がたり
北別府 学

〈特集〉
認知症と生きる

きずなの力-被災地からの便り
二川豊子
香川県高松市(JA香川県管内)

美輪明宏の人生相談

JA全国女性協の二人がお伝えします!
ICA大会レポート

平成29年度 フレミズ活動
“わたしの一歩”作文コンクール最優秀賞
山﨑紀子
山形県JAてんどう女性部フレッシュミズ部会 副部会長

〈第1回〉
フレッシュミズが考えるJAの役割と自己改革
もし、地域にJAがなかったら
山口県JA防府とくぢ女性部フレッシュミズ部会

エダモンの旅して産直レシピだモン!
江戸っ子野菜のコマツナを食いねぇ!
東京都葛飾区(JA東京スマイル管内)

わが家の実験

教えて 暮らしのマエストロ
介護界のアイドル!
ごぼう先生の介護予防体操

手荒れ知らずのハンドクリームの塗り方

石原新菜先生の未病クリニック
うつ状態

お助け! 家計防衛隊
おさらいしよう 確定申告

やさしいハンドメイド〈拡大版〉
余り布で作る
あったか腰布団

つながる ひろがる 絵手紙のわ

農ライフのすすめ
福を呼ぶ
春の種プレゼント

カルチャー・ワンダーランド
光浦靖子の乙女のブローチ日記
生島 淳のすぽるぽ
よしひろまさみちのシネマ天国
ペリー荻野のテレビ珍道中
豊﨑由美の雨読のススメ
インタビュー 舞の海秀平

5分でいきいき楽しいゲーム

グリーンウオッチ
政治経済、世界の食と農ほか

今こそ協同組合の底力
日本協同組合学会 会長
田中夏子

第32回「家の光童話賞」優秀賞受賞作
ゆずさん
作・佐和木美奈子 絵・まるやまあやこ

子どもの目
だっこ

連載漫画 ゆいっこ
石川サブロウ

じんわり ほっこり 農村ストーリー
心の肥やし

JA自己改革 白熱講義
北海道大学大学院農学研究院
准教授 小林国之

クイズで学ぼう!
JA基本のき

協同の心で明日を拓く
愛知県JA愛知北代表理事組合長
安達秀正

みんなでできた! JA女性組織
高知県JAコスモス女性部吾川支部

フレミズnavi
愛媛県JA愛媛たいき女性部フレッシュミズ

あなたとわたしの縁側ティータイム

詰め碁・詰め将棋

知叡先生が占う 星座のささやき

頭の体操 クロスワードパズル

家の光読者文芸

家の光読者アンケート

平成29年度ハッピー マイライフ体験文募集
「農家の家計実態調査」にご協力ください

〈地域情報版共通企画〉
女子力でキラキラ農業

Oh! 農! 熱血ハイスクール
新潟県立海洋高等学校 食品研究部

わが家の自給力アップ&
庭仕事をもっと楽しく
家庭園芸
野菜/トウモロコシ、オクラ
花/クンシラン

そうだったのか 畑のサイエンス
接ぎ木はなんのためにするの?

エーコープマーク品でミニミニおやつ

家の光料理カード

本谷惠津子の料理上手の覚書

1日1分でOK!
朝イチ顔ヨガ

3月号のお知らせ

家の光

2018年 2月号

主な企画

〈特集〉認知症と生きる

 2025年には65歳以上の5人に1人が発症するという推計が示された認知症。もはやだれにとってもひと事ではありません。一方、近年、認知症の当事者の声が発信されるようになり、患者を支えるケアの現場や地域の取り組みにも新しい動きが生まれつつあります。
 自分らしい暮らしをつくり出すために、若年性認知症の当事者として団体を立ち上げて声を発信する事例。認知症の人を診察してきた、医師で作家の久坂部羊さんと、認知症と診察された父親と暮らした経験を持つ作家・中島京子さんとの対談。ノンフィクション作家・奥野修司さんによる、当事者主体を念頭に置き、病気前と変わらないつながりの創出をめざすケア事例などの現場報告。こうした、認知症を取り巻く今の流れを追うことで、認知症の人もその家族も安心して生きられる、そんな暮らしのあり方について考えます。

JA全国女性協の二人がお伝えします! ICA大会レポート

 世界各国の協同組合組織が加盟し、その組合員総数は10億人を超えるICA(国際協同組合同盟)。2年に1回開催されるICA大会が、昨年11月にマレーシアのクアラルンプールで開かれました。
 これに、JA全国女性組織協議会の川井由紀会長と井手雅美理事が参加して、国際社会における協同組合の多様な役割や男女共同参画の状況について学びました。現場で感じたことを交えながら、大会の様子を伝えてもらいます。

〈短期集中連載〉フレッシュミズが考えるJAの役割と自己改革  もし、地域にJAがなかったら

 JAグループで取り組んでいる創造的自己改革。その基本目標の1つには「地域の活性化」を掲げています。食と農を基軸として地域に根ざした協同組合だからこそ、JAは組合員や地域住民の暮らしに密着しながらサポートしています。もし、地域にJAがなかったら、わたしたちの生活にどんな影響があるのでしょうか?
 3回シリーズの第1回は、山口県JA防府とくぢ女性部フレッシュミズ部会のみなさんの視点から、JAの事業・活動の役割と、その価値を考えます。

平成29年度フレミズ活動“わたしの一歩”作文コンクール最優秀賞

 平成29年度フレミズ活動“わたしの一歩”作文コンクールで最優秀賞を受賞した、山形県JAてんどう女性部フレッシュミズ部会副部会長の山﨑紀子さんの受賞作文を紹介します。
 山﨑さんがあるドキュメンタリー映画に出合い、その映画をもっと多くの人に広めたいと、映画上映会を開催するべく仲間と奮闘。そんな元気なフレミズ活動の様子をお伝えします。

手荒れ知らずのハンドクリームの塗り方

 家事や農作業でガサガサになったり、ぱっくり割れたりと、つらい手荒れ。「ハンドクリームを使っているのに……」というあなた、もしかして塗り方がまちがっているのかも。
 そこで、スキンケアのプロに、ハンドクリームの正しい塗り方を教えてもらいました。

やさしいハンドメイド〈拡大版〉/余り布で作る あったか腰布団

 腰布団は、前掛けのような形で、中に綿を入れた手作りの防寒具です。腰回りに巻けば、腰やお尻がポッカポカ。寒い時季の農作業や家事にも重宝します。くるくると丸めてバッグに入れて持っていけるのも便利です。暖かい部屋で仲間とワイワイ作りましょう。

農ライフのすすめ/福を呼ぶ 春の種プレゼント

 新しいシーズンを前に、「今年はどんなものを育ててみようか」と思案している人へ、“この春まきたい”お勧めの15品種の花と野菜を紹介します。そして、その種を各100人、計1500人にプレゼント。ふるって、ご応募ください。

地域情報版/女子力でキラキラ農業

 女性の就農や、大学の農業系学部への進学が増えています。「わたしらしく農業と向き合いたい」「おしゃれに農業を楽しみたい」など、従来のイメージを打ち破るために、さまざまな工夫を凝らす女性たち。
 仕事と家庭を両立させる農場の実現、女性目線でシードルのPRに励むリンゴ農家など、新たな取り組みを紹介します。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「家の光」購読申し込み

バックナンバー

2018年 4月号

〈特集〉進化してます ファーマーズマーケット

2018年 3月号

〈特集〉復興は地域と共に

2018年 2月号

〈特集〉認知症と生きる

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。