家の光

12月1日発行
定価 906円(税込)
表紙モデル:香西かおり

目次

目次

一輪の詩
新川和江

表紙の人
香西かおり

ウルグアイ副大統領
ルシアさんからのメッセージ

福を呼ぶチンコロ

農がたり
松田丈志

〈新春特集〉
今こそ つながり力

きずなの力-被災地からの便り
山内栄喜
宮城県石巻市(JAいしのまき管内)

美輪明宏の人生相談

エダモンの旅して産直レシピだモン!
ナガイモ農家の男飯を味わう
青森県六戸町(JAおいらせ管内)

教えて 暮らしのマエストロ
初めての飾り切りレッスン

やさしいハンドメイド
ころんとかわいい
犬のボンボンストラップ

つながる ひろがる 絵手紙のわ

なんでも聞いてよ!
農家の相続Q&A

お助け! 家計防衛隊
「家の光家計簿」で
貯蓄効率アップ!

年末年始の疲れを癒やそう!
足ツボマッサージ

石原新菜先生の未病クリニック
冷え症

農ライフのすすめ
野菜がすくすく育つ!
土の定期健診

わが家の実験

カルチャー・ワンダーランド
光浦靖子の乙女のブローチ日記
生島 淳のすぽるぽ
よしひろまさみちのシネマ天国
ペリー荻野のテレビ珍道中
豊﨑由美の雨読のススメ
 著者に聞く 林 真理子

グリーンウオッチ
政治経済、世界の食と農ほか

特報 The Report
宮城で開催
地域の誇りを懸けた
和牛のオリンピック

今こそ協同組合の底力
作家 童門冬二

5分でいきいき楽しいゲーム

知叡先生が占う 星座のささやき

発表! 第15回 ザ・地産地消
家の光料理コンテスト

第32回「家の光童話賞」結果発表

第32回「家の光童話賞」受賞作
コピー、できません
作・山市雅美 絵・田中六大

子どもの目
お母さんとのらねこ

連載漫画 ゆいっこ
石川サブロウ

じんわり ほっこり 農村ストーリー
心の肥やし

JA自己改革 白熱講義
北海道大学大学院農学研究院
准教授 小林国之

クイズで学ぼう!
JA基本のき

協同の心で明日を拓く
香川県JA香川県経営管理委員会
会長 廣瀬博三

みんなでできた! JA女性組織
神奈川県JAはだの女性部

フレミズnavi
岡山県JAびほく北房Happy mama ほっこり

頭の体操 クロスワードパズル

詰め碁・詰め将棋

あなたとわたしの縁側ティータイム

家の光読者文芸

家の光読者アンケート

平成29年度ハッピー マイライフ体験文募集
「農家の家計実態調査」にご協力ください

〈地域情報版共通企画〉
開運印の農産物&加工品

Oh! 農! 熱血ハイスクール
広島県立庄原実業高等学校
今原優花

わが家の自給力アップ&
庭仕事をもっと楽しく
家庭園芸
野菜/ズッキーニ、カボチャ
花/シネラリア

そうだったのか 畑のサイエンス
畑に石灰をまくのはどうして?

エーコープマーク品でミニミニおやつ

家の光料理カード

本谷惠津子の料理上手の覚書

1日1分でOK!
朝イチ顔ヨガ

2月号のお知らせ

家の光

2017年 1月号

主な企画

〈特集〉今こそつながり力

 人と人とのつながりが希薄になり、無縁社会といわれることもある現代。そうした状況をなんとかしようと、新しい協同の活動が生まれています。新年を迎えるにあたり、改めて、人とのつながり、協同のたいせつさを見つめ直しましょう。
 子どもが一人でも立ち寄れて、食事の提供をする子ども食堂、高齢者の自宅を訪問し、話しや安否確認をする助け合い組織の見守り活動、農業と福祉の連携で、耕作放棄地の拡大や障がい者の雇用問題を解消する農福連携など、JAが関わっている事例を紹介しながら、現場の声を伝えます。
 そして、霊長類学の第一人者である京都大学総長の山極壽一さんに、人間社会の起源から、協同の価値と未来について語っていただきました。

〈特別インタビュー〉ウルグアイ副大統領 ルシアさんからのメッセージ

 南米の国ウルグアイで、2017年9月、初めての女性副大統領が誕生しました。就任したのは、『家の光』2015年12月号に登場した、「世界一貧しい大統領」としても有名なホセ・ムヒカ前大統領の妻、ルシア・トポランスキー上院議員です。ルシアさんに、自立して社会で活躍する女性像や、人生を豊かに過ごすための心構えなどを伺いました。

〈ハッピー マイライフ運動関連企画〉なんでも聞いてよ! 農家の相続Q&A

「長男に土地や家屋を含む資産のすべてを譲りたい」「農地を子どもに継承させるときに気をつけたいことはある?」といった疑問や悩みについて、相続の専門家である東京都・JA世田谷目黒相談役の床爪晋さんがお応えします。
 豊富な経験に基づいたわかりやすいアドバイスは、役に立つことまちがいなし。第2別冊付録「床爪晋の他人事じゃないよ! 相続講座」と併せて読めば、「相続」が「争族」になるのを防げます。

年末年始の疲れを癒やそう! 足ツボマッサージ

 年末年始は、暴飲暴食で胃腸が弱ったり、大掃除やおせち作りで張りきりすぎて、体のあちこちが悲鳴を上げていたり……。そんな不調をすっきり解消する足ツボを、医学博士で鍼灸師でもある、ツボ押しの達人・劉勇さんに教わります。家族で押し合えば、体も心も癒やされますよ。

〈農ライフのすすめ〉野菜がすくすく育つ! 土の定期健診

 おいしい野菜を健全に育て続けるためには、人間の体と同じように、畑の土の状態を定期的に調べて、健康な状態を保つ必要があります。健康な土づくりのために、土の硬さ、土の中の土・水・空気のバランス、土壌酸度を調べる健診方法と、それらを改善する方法を解説します。

〈地域情報版〉 開運印の農産物&加工品

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックにちなみ、「金」に合わせてPRするキウイフルーツ『東京ゴールド』、出会いや縁が生まれるようにと名づけられたブランド米「結びの神」など、全国には農産物や加工品の見た目や名前を生かして、縁起物と銘打って販売する商品がたくさんあります。
 ユニークなセンスを生かして付加価値を高め、消費拡大などにつなげている取り組みを紹介します。

〈第1別冊付録〉旬の野菜を使った 毎日かんたん!健康レシピ

 話題となった「タマネギ氷」をはじめとするユニークな健康レシピに定評のある料理研究家の村上祥子さんが、季節ごとに旬の野菜を2種類ずつ取り上げ、それらを使った体にいい、便利な作りおき食品とアレンジレシピを紹介します。
 たとえば春は、タマネギ、黒酢、黒糖のトリプル効果で糖尿病や高血圧の予防などに効果が期待できる「黒玉ジャム」です。
 毎日の食卓に取り入れやすい、アイデアが満載です。

〈第2別冊付録〉床爪晋の 他人事じゃないよ! 相続講座

「相続に備えないと……」と頭ではわかっていても実感がわかず、自分のこととは思えない人は多いもの。でも、争うことなく財産を次世代に引き継ぐためには、生前の相続準備が欠かせません。そこで、相続相談のスペシャリストとして活躍し、講演活動などもおこなう、東京都JA世田谷目黒相談役の床爪晋さんに、誌上講座を開設してもらいます。
「ちゃんと準備しないと、子どもたちに線香あげてもらえないよー」とざっくばらんに語りかける“床爪節”をそのまま収録するので、楽しく読みつつ、相続の重要性が自然と理解できる内容になっています。
 本誌記事の「なんでも聞いてよ! 農家の相続Q&A」と併せて読むと、さらに理解が深まります。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「家の光」購読申し込み

バックナンバー

2017年 12月号

〈特集〉繰り返し作りたい 新定番おせち

2017年 11月号

〈特集〉本とわたしの物語

2017年 10月号

〈特集〉これを食べれば笑顔で長生き! ニッポンの長寿食