家の光

8月1日発行
定価 別冊付録とも906円(税込)
表紙モデル:横山 裕

目次

目次

一輪の詩
新川和江

表紙の人
横山 裕さん

きずなの力-被災地からの便り
中村早希さん
宮城県石巻市(JAいしのまき管内)

農がたり
サヘル・ローズさん

エッセイ おむすびとわたし
思い出のおにぎり
小川 糸

『家の光』読者体験手記大募集

日本の手仕事
竹の弁当かご

〈特集〉
みんなでやろう!
ニコ(2個)・ニコ(2個)おむすび大作戦

Part 1
数字で丸わかり
おむすびをみんなで握ると
どのくらい米の消費が拡大する?

Part 2
食べてみて! 
わたしたちのご当地おむすび

Part 3
おむすびから考えよう
日本の食と農

Part 4
枝元なほみさんに教わる
子どもといっしょに作ろう!
シャカシャカおむすび

Part 5
きじまりゅうたさんに教わる
おなかが大満足!
パワフルおむすび

Part 6
“おにぎりダイエット”の勧め

Part 7
おむすびの大量調理 虎の巻

おむすびの炊き出しに必要なものチェックリスト

『ニコ・ニコおむすびの歌』をご紹介!

「ニコ・ニコおむすびレシピ大賞」&
「ニコ・ニコおむすび活動動画コンテスト」を開催します

つながる ひろがる 絵手紙のわ

美輪明宏の人生相談

体の不調を整えよう!
畑ヨガ

めざせ! 健康寿命100歳
毎日続けよう 介護予防運動

暮らしの困ったは王子におまかせ
社交ダンス王子に教わる!
ハイヒールダンスで
きゅっと引き締まった下半身に!

農ライフのすすめ
集落で取り組む
獣害に強い畑づくり

お助け! 家計防衛隊
JAの「建物更生共済」に
加入するメリットとは?

わが家の実験

グリーンウオッチ
世界と地域の話題、政治経済、カルチャーほか

今こそ協同組合の底力(2)
国際協同組合同盟副会長
ICA欧州地域会長
ジャン=ルイ・バンセルさん

JA自己改革 白熱講義(2)
龍谷大学 教授
石田正昭さん

知叡先生が占う 星座のささやき

驚くほど当たる!? ピタッと診断室
おむすび心理テスト

やさしいハンドメイド
おむすび2個とおかずが入る
おむすびポーチ

5分でいきいき楽しいゲーム拡大版

親と子の童話 
おむすび
作・飯野和好

子どもの目
ラブラブってなんだ?

連載漫画 ゆいっこ
石川サブロウ

じんわり ほっこり 農村ストーリー
心の肥やし

まっちちゃんと挑戦
学ぼう・伝えよう!
JA女性組織クイズ

新風 世界の協同組合から

心に刻む協同のことば

JAなるほど質問箱

協同の心で明日を拓く
鹿児島県JA鹿児島きもつき代表理事組合長
下小野田 寛

あなたとわたしの縁側ティータイム

詰め碁・詰め将棋

頭の体操 クロスワードパズル

家の光読者文芸

家の光読者アンケート

平成28年度ハッピー マイライフ
体験文最優秀作品

平成28年度家活グランプリ審査結果発表

〈地域情報版共通企画〉
もっと広げよう
わたしたちのおむすび活動

わが家の自給力アップ&
庭仕事をもっと楽しく
家庭園芸
野菜/ソラマメ、ビーツ
花/匍匐性トレニア

そうだったのか 畑のサイエンス
どうして間引きをしたほうがいいの?

野菜がうまい! おつまみ道場

家の光料理カード

エーコープマーク品で愛情おやつ

10月号のお知らせ

家の光

2017年 9月号

主な企画

〈特集〉みんなでやろう! ニコ(2個)・ニコ(2個)おむすび大作戦

 JA女性組織のみんなで、それぞれおむすびを2個作って、だれかに食べてもらい、米の消費を拡大しながら、仲間をもっと増やそう――。それが「ニコ・ニコおむすび大作戦」です。全国のJA女性組織メンバー約58万人が、1人2個のおむすびをにぎってだれかに食べてもらえば、合計116万個、約75トンもの米を消費することになります。
 そこで、全国のJA女性組織のみなさんが作る“ご当地おむすび”や、料理研究家の枝元なほみさんと、きじまりゅうたさんに教わる“新顔おむすび”、話題の“おにぎりダイエット”に、食農イベントや炊き出しで重宝する“おむすびの大量調理 虎の巻”など、おむすびにまつわるホットな情報を満載してお届けします。楽しく“おむすびの輪”と“仲間の輪”を広げましょう!
 さらに、「ニコ・ニコおむすびレシピ大賞」と「ニコ・ニコおむすび活動動画コンテスト」を開催します。

地域情報版/もっと広げよう わたしたちのおむすび活動

 全国のJA女性組織では、米の消費拡大に向けた取り組みや食農教育が進められています。そして、その現場ではおむすび(おにぎり)を食べてもらったり、参加者に作ってもらったりしています。
 鹿児島県JAさつま日置女性部会フレッシュミズ「スマイリング」が取り組む「おにぎりアート」の作り方や、愛知県JAあいち海部女性部が2歳児を対象におこなう料理教室「はじめての料理は『おにぎり』プロジェクト」、秋田県JA秋田しんせい女性部が大学生におにぎりとみそ汁を振る舞う「朝食プロジェクト」など、各地の“おむすび活動”を取り上げ、おむすびにこめられた思いやアイデアを紹介します。

めざせ! 健康寿命100歳 毎日続けよう 介護予防運動

 加齢によって下半身の筋肉が衰えてくると、つまずいて転んだり、尿が漏れやすくなったりすることも……。これを防ぐためにお勧めなのが、JA健康寿命100歳プロジェクトの一つ、JA介護予防運動の「JAてんとうムシ体操」と「JAみつばち体操」です。
 どちらも短時間で下半身の筋肉を鍛えることができて、動作も簡単で覚えやすい! 家事や農作業の合間など、日常生活に意識的に取り入れて、ぜひ毎日の習慣にしてください。

まっちちゃんと挑戦 学ぼう・伝えよう! JA女性組織クイズ

 JA全国女性組織協議会は昨年、平成28~30年度のJA女性組織3カ年計画を策定しました。そのスローガンに、「〈JA女性〉ふみだす勇気 学ぼう・伝えよう・地域とともに!!」を掲げています。
 この3カ年計画のキャラクターとして「まっちちゃん」が誕生しました。JA女性組織の理念や活動内容について、まっちちゃんといっしょにクイズ形式で学びましょう。

農ライフのすすめ/集落で取り組む 獣害に強い畑づくり

 お金をかけて頑丈な柵を設置し、駆除や捕獲もがんばっているのに、いっこうに減らない野生動物による農作物の被害。もしかしたら、対策の考え方や順序がまちがっているのかもしれません。被害を食い止めることに成功した、集落の畑づくりを見てみましょう。
 野生動物が近寄りにくくなる畑の工夫や、意図しない「餌付け」を防ぐための心構えなどを、実例を交えながら紹介します。

第1別冊付録/『家の光』ハンドメイド厳選作品集(ベストセレクション)

『家の光』の読者アンケートでつねに上位にランキングするのが、ハンドメイド関連の記事です。読者が選んだハンドメイド作品「ベスト10」のほか、かぶりものや着物のリメイクなど、人気の作品を集めました。新作やオリジナル作品も併せて紹介します。

第2別冊付録/まんが 10分でわかる JAのなぜ? 読んでなるほど「事業・活動への理解を広げよう!」編

 JAが総合事業をはじめとする、さまざまな事業・活動をおこなう理由を、各地のJAの先進的な取り組みも交えながら漫画で解説します。
 組合員や地域住民がみずから積極的にJAに集った地域振興の事例、過疎地での地域貢献活動に関わる事例なども紹介。また、女性参画や、農業振興の応援団となる地域住民の仲間づくりを進めるのに役立つ内容です。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「家の光」購読申し込み

バックナンバー

2017年 8月号

〈特集〉伝えよう あの戦争と女たちの物語

2017年 7月号

〈特集〉なるほど! 子育て・孫育て

2017年 6月号

〈特集〉梅名人になろう!

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第17回 家の光読書エッセイ 大募集

2017年 7月3日(月)~11月17日(金) 【必着】

第8回食農教育紙芝居コンクール

2017年7月3日(月)~10月13日(金) ※締切日消印有効