家の光

7月1日発行
定価 617円(税込)
表紙モデル:桃井かおり

目次

目次

一輪の詩
新川和江

表紙の人
桃井かおりさん

北国の手仕事
夏を彩る 津軽びいどろ
写真 鈴木加寿彦

農がたり
島田洋七さん

〈特集〉
伝えよう
あの戦争と女たちの物語

きずなの力-被災地からの便り
上石美咲さん
福島県郡山市(JA福島さくら管内)

エッセイ おむすびとわたし
日本のおにぎり史
東海林さだお

『家の光』読者体験手記大募集

日本の手仕事
熊野筆のボディブラシ

『家の光』読者体験手記
「わたしを救った、あの言葉」優秀作

美輪明宏の人生相談

わが家の実験

すり鉢ひとつで
お手軽おかず

エダモンの旅して産直レシピだモン!(9)
スタミナ満点のニラで、暑さを乗りきんべー
栃木県鹿沼市(JAかみつが管内)

農作業の凝りをほぐそう!
畑ヨガ

つながる ひろがる 絵手紙のわ

全農ブランド「お米のミルク プレーン」で作ろう!
夏元気ドリンク

暮らしの困ったは王子におまかせ
畳王子に教わる!
寿命をぐんと延ばす
畳のお手入れ法

驚くほど当たる!? ピタッと診断室
これで外さない! 手土産占い

農ライフのすすめ
おいしい & 収量アップ
野菜の夏ばて対策

5分でいきいき楽しいゲーム

お助け! 家計防衛隊
JAの「医療共済」の役割ってなに?

やさしいハンドメイド
リバティプリント生地で作る
ラッピングネックレス

グリーンウオッチ
世界と地域の話題、政治経済、カルチャーほか

今こそ協同組合の底力(1)
宮崎県 西諸地区森林組合 代表理事組合長
平 奈緒美さん

JA自己改革 白熱講義(1)
龍谷大学 教授
石田正昭さん

知叡先生が占う 星座のささやき

親と子の童話 
はたけのすもう
作・かこまさみ 絵・星野イクミ

子どもの目
ぼくをおこっているお母さん

連載漫画 ゆいっこ
石川サブロウ

じんわり ほっこり 農村ストーリー
心の肥やし

心に刻む協同のことば

JAなるほど質問箱

新風 世界の協同組合から

協同の心で明日を拓く
山口県JA山口中央代表理事組合長
山下信雄

みんなでできた! JA女性組織
親子で楽しめる絵本サークル「カンガルー劇場」の巻
岐阜県JAひがしみの女性部サークル「カンガルー劇場」

いいね! フレミズ
三重県JA鳥羽志摩
フレッシュミズおむすび

わくわくインタビュー
楽しい活動で仲間と共にふみだそう
JA全国女性組織協議会 会長
川井由紀さん

あなたとわたしの縁側ティータイム

詰め碁・詰め将棋

頭の体操 クロスワードパズル

家の光読者文芸

家の光読者アンケート

平成28年度ハッピー マイライフ
体験文入選者発表

第8回食農教育紙芝居コンクール募集

〈地域情報版共通企画〉
あれもこれも楽しい
農のテーマパークに行こう!

わが家の自給力アップ&
庭仕事をもっと楽しく
家庭園芸
野菜/ニンニク、リーキ
花/アメリカフヨウ

そうだったのか 畑のサイエンス
マルチはどうやって選べばいいの?

野菜がうまい! おつまみ道場

家の光料理カード

エーコープマーク品で愛情おやつ

9月号のお知らせ

家の光

2017年 8月号

主な企画

〈特集〉伝えよう あの戦争と女たちの物語

 太平洋戦争の終結から72年がたち、戦争体験者の話を直接聞く機会が少なくなっています。戦地に赴いた男性も、銃後の守りをすることになった女性も、それぞれに過酷な運命に立ち向かいました。これからは、戦争を知らない世代が次の世代にその物語を伝えていかなければなりません。
 ノンフィクションライターの城戸久枝さんには、中国残留孤児だった父親の半生を追った物語を起点に、戦争を知らない世代がその記憶をどのように語り継ぐべきなのかを記していただきました。また、新潟・長岡空襲で父と姉を亡くした語り部や、戦争体験を演劇や講演で伝えるJAの元生活指導員など、女性の視点から先の戦争を振り返ります。

すり鉢ひとつでお手軽おかず

 どこの家庭にもあるすり鉢は、「する」だけでなく、「おろす」「たたく」「つぶす」「和える」ができるうえ、そのまま器にもなる優れた調理道具です。
 創作野菜料理家の宮本しばにさんに、すり鉢ひとつで作るお勧めレシピを教わりました。台所に立つのがおっくうになる暑い時季に、時短レシピとして重宝します。

全農ブランド「お米のミルク プレーン」で作ろう! 夏元気ドリンク

「お米のミルク プレーン」は米だけを原料にしたライスミルク。さっぱりした甘さで、そのまま飲むのも、料理に使うのもお勧めです。
 そんな「お米のミルク プレーン」と野菜や果物で作る、夏ばてに効果のあるドリンクを、管理栄養士で料理研究家の松尾みゆきさんが紹介します。イライラしたときや食欲が湧かないときなど、夏ばての状態に応じて、素早くエネルギーが補給でき、必要なビタミン類もしっかりとれます。

〈新連載〉JA自己改革 白熱講義

 農業者の所得増大や農業生産の拡大のため、「創造的自己改革」を進めるJA。一方、政府の審議会である規制改革推進会議は、JAのあり方を根本から覆すような「農協改革」の提案を続けています。いま、JAの組合員はどのように行動したらよいのでしょうか。日本協同組合学会の会長を務める龍谷大学教授の石田正昭さんが、議論に一つの方向性を示します。

農ライフのすすめ/おいしい&収量アップ 野菜の夏ばて対策

 夏野菜の収穫が本格化する7、8月。暑さで元気がなくなるのは、人間も野菜も同じ。おいしい作物をたくさん、長く収穫するためには、ストレスとなる暑さや急激な環境変化を避けつつ、病害虫の発生しにくい生育環境を保つことがたいせつです。そこで、土壌の水分管理や水やりの方法、被覆資材の使い方など、野菜の夏ばて対策をポイントごとに解説します。

地域情報版/あれもこれも楽しい 農のテーマパークに行こう!

 土や植物に触れる喜び、自分で収穫する喜び。農作業体験ができる観光農園が人気を集めています。多彩な体験メニューが用意され、家族みんなで一日中楽しめる。そこは、まさに「農のテーマパーク」です。
 サツマイモをテーマにした複合施設・なめがたファーマーズヴィレッジ(茨城県行方市)、ウインナー作りが好評の農業公園・伊賀の里モクモク手づくりファーム(三重県伊賀市)、一年中多彩なフルーツを収穫できる平田観光農園(広島県三次市)の、人気の理由を紹介します。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「家の光」購読申し込み

バックナンバー

2017年 10月号

〈特集〉これを食べれば笑顔で長生き! ニッポンの長寿食

2017年 9月号

〈特集〉みんなでやろう! ニコ(2個)・ニコ(2個)おむすび大作戦

2017年 8月号

〈特集〉伝えよう あの戦争と女たちの物語

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第17回 家の光読書エッセイ 大募集

2017年 7月3日(月)~11月17日(金) 【必着】

第8回食農教育紙芝居コンクール

2017年7月3日(月)~10月13日(金) ※締切日消印有効