家の光

11月1日発行
定価 別冊付録とも1008円(税込)
表紙モデル:杏

目次

目次

一輪の詩
新川和江

表紙の人


〈対談〉美輪明宏 × 又吉直樹
人生いろいろ、悩みもいろいろ
百花繚乱にいきましょう

美輪明宏の人生相談

日野原重明さんインタビュー
師の記憶 賀川豊彦の教え

農がたり
安部龍太郎

きずなの力-被災地からの便り
山崎 孜さん
宮城県仙台市(JA仙台管内)

〈特集〉
家族で囲む大皿おせち

〈新連載〉
エダモンの旅して
産直レシピだモン! (1)
朝採りのどでかいハクサイを食べに行く
長野県佐久穂町(JA佐久浅間管内)

〈新連載〉
農作業の凝りをほぐそう!
畑ヨガ

作って楽しい! 食べておいしい!
スコップケーキでクリスマス

わたしのため、家族のために
エンディングノートを書こう

暮らしの困ったは王子におまかせ
おふろ王子に教わる!
冬の上手な入浴法

〈新連載〉
お助け! 家計防衛隊
「資産の棚卸し」をしよう

農ライフのすすめ
すごいぞ! ロケットストーブ

住まいのカタチ
良材に支えられる家

日本の手仕事
和ぼうき

〈新連載〉
グリーンウォッチ
世界と地域の話題、政治経済、カルチャーほか

TPP わたしはこう考える
東京工業大学教授
中島岳志さん

わが家の実験

つながる ひろがる 絵手紙のわ

やさしいハンドメイド
牛乳パックで作る
折りたたみミラー

5分でいきいき楽しいゲーム

〈新連載〉
驚くほど当たる!? ピタッと診断室
ソウルナンバー占い

知叡先生が占う 星座のささやき

親と子の童話
クリスマスのおとしもの
作・ごとうやすみ
絵・ひらてるこ

子どもの目
ふくれもち

連載漫画 ゆいっこ
石川サブロウ

じんわり ほっこり 農村ストーリー
心の肥やし

心に刻む協同のことば

〈新連載〉
JAなるほど質問箱

〈新連載〉
新風 世界の協同組合から

協同の心で明日を拓く
島根県JAしまね代表理事組合長
竹下正幸さん

みんなでできた! JA女性組織
人と地域をつなげるカフェで活躍の巻
長野県JA上伊那美篶手良支所生活部会

いいね! フレミズ
福岡県JA福岡市フレッシュミズ

あなたとわたしの縁側ティータイム

詰め碁・詰め将棋

頭の体操 クロスワードパズル

家の光読者文芸

家の光読者アンケート

第46回ライフプラン・家の光家計簿体験文 優秀賞作品発表
平成28年度ハッピー マイライフ体験文募集

〈地域情報版共通企画〉
地元農産物が人気商品に!
加工品ものがたり 
 
わが家の自給力アップ&
庭仕事をもっと楽しく
家庭園芸
野菜/カブ、チャイブ
花/ポインセチア

〈新連載〉
そうだったのか 畑のサイエンス
保存環境で種の寿命が変わるってホント?

〈新連載〉
野菜がうまい! おつまみ道場

家の光料理カード

〈新連載〉
エーコープマーク品で愛情おやつ

1月号のお知らせ

家の光

2016年 12月号

主な企画

〈特集〉家族で囲む 大皿おせち

 おせち料理は、1年の始まりの元日に、五穀豊穣や子孫繁栄などの願いを込めて、食べることが一般的となっていますが、もともとは、大みそかの夜から元旦にかけて食べる年迎えのごちそうでした。
 そこで、年末年始に家族や親戚が集まってにぎやかに囲める大皿のおせちを、料理研究家のしらいのりこさんに教わりました。定番レシピはもちろん、数の子のみそ漬けやスイートポテト風栗きんとんなど、「今年は新しい味だね」と家族が喜ぶ新顔レシピも登場。おせちに飽きたときの“ごちそうおすし”も紹介します。やっぱり重箱に詰めたい、という方に向けて、詰め方を紹介するコラムも用意しました。

〈対談〉美輪明宏 × 又吉直樹  人生いろいろ、悩みもいろいろ 百花繚乱にいきましょう

 15年にわたって『家の光』読者の悩み相談に、ときには優しく、ときには辛口で、愛のメッセージを贈り続けてきた美輪明宏さん。読書が好きで、執筆した小説『火花』で2015年に芥川賞を受賞した、お笑い芸人の又吉直樹さん。
 今回の対談が初顔合わせとなる異色の2人が、悩むこと、家族のこと、生き方について、縦横無尽に語り合いました。

〈新連載〉エダモンの、産直レシピだモン!

 エダモンこと料理研究家の枝元なほみさんが、日本全国の旬の産地を訪問し、その場で収穫から料理までをお手伝いします。
 初回は、長野県佐久穂町(JA佐久浅間管内)のハクサイ農家を訪ねました。標高1200メートルにある朝もやにけむる広大な畑では、青々と並んだ大きなハクサイがエダモンを待っていました。「ハクサイたっぷり棒ギョウザ」や「コールスロー」のレシピのほか、規格外品の活用法も紹介します。

日野原重明さんインタビュー 師の記憶 ―賀川豊彦の教え―

 いまなお世界じゅうで賞賛されている協同の精神で、さまざまな運動や組織の設立をけん引してきた賀川豊彦。その生涯はどのようなものだったのか、また、もし今の時代に生きていたら、なにを成し、なにを語るのか――。
 幼少期から親交があり、賀川の最期もみとった、聖路加国際病院の名誉院長・日野原重明さんが語ります。105歳の今日なお鮮明に残る、人生の師の記憶です。

スコップケーキでクリスマス

「スコップケーキ」はその名前のとおり、調理用スコップや大きめのスプーンで、ざっくりと取り分けるケーキのこと。市販のスポンジケーキ台などに生クリームやフルーツを層にして重ねるだけで作れます。
 定番のイチゴのほか、ヨーグルトクリームやあんこと抹茶クリーム使ったものなど、お菓子作りが初めての人でも失敗知らずのレシピです。今年のクリスマスに、家族で作ってみませんか?

わたしのため、家族のために エンディングノートを書こう

『家の光』12月号の第2別冊付録は、「もしものときも安心 未来にのこす わたしノート」(家の光エンディングノート)です。エンディングノートの記帳は、まさかのときの備えとなるだけではなく、日常をたいせつに生きるきっかけにもなります。
 エンディングノートについて読者から寄せられた体験談を元に、その役割や有用性をまとめます。併せて「わたしノート」の記入方法も紹介します。

農ライフのすすめ/すごいぞ! ロケットストーブ

 ゴーゴーと空気を吸い込みながら勢いよく燃えるロケットストーブは、屋外での調理に、暖房にと大活躍。災害時の備えとしても注目されています。しかも、身近な材料を使って簡単に作ることができるんです。その仕組みと作り方を解説します。

地域情報版共通企画/地元農産物が人気商品に! 加工品ものがたり

 農産物にさらに価値を付けて販売できる加工品。グループや個人で作るものから、地元企業が生産するものまで、バラエティ豊かです。
 口コミや宣伝によって、広く名が知られる商品も誕生していますが、その人気の裏には、作り手のたゆまぬ努力と苦労が――。ヒット商品の開発のきっかけや秘められたエピソードを紹介します。

第1別冊付録/2017年 家の光家計簿

 家族みんなが安心して暮らすためには、日々の家計管理が欠かせません。わが家のお金の流れを把握しておけば、暮らしが安定するだけでなく、家族一人一人の夢や希望の実現へと近づくことができます。
 使い方は基本的に自由です。さまざまな記録ができる日記欄やエコライフにつながる「環境家計簿」、ライフプランを樹立するための長期・短期生活設計表など、充実の内容。「記帳・帳簿等の保存制度」にも対応しています。
 さらに、家計簿記帳の参考になる、読者のアイデアを公開しています。自分の生活スタイルに合った使い方で、充実した毎日を築きましょう。

第2別冊付録/もしものときも安心 未来にのこす わたしノート

 近年、関心が高まっているエンディングノートの簡易版です。“エンディング”という言葉に後ろ向きの印象を持つ人もいるため、「わたし=自分」の記録という意味と、次の世代に「渡す」という意味を込めて「わたしノート」と命名しました。
 これまでのたいせつな思い出などを振り返る「人生棚卸し編」、財産の内訳や葬儀の希望などを記入する「もしもに備える編」などに分かれた全体の構成は、“終活”の専門家である、一般社団法人日本エンディングサポート協会理事長の佐々木悦子さんが監修。簡易版ながら、必須の記入項目を網羅しました。初めてエンディングノートを作成する人でも取り組みやすい工夫が満載です。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「家の光」購読申し込み

バックナンバー

2017年 10月号

〈特集〉これを食べれば笑顔で長生き! ニッポンの長寿食

2017年 9月号

〈特集〉みんなでやろう! ニコ(2個)・ニコ(2個)おむすび大作戦

2017年 8月号

〈特集〉伝えよう あの戦争と女たちの物語

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第17回 家の光読書エッセイ 大募集

2017年 7月3日(月)~11月17日(金) 【必着】

第8回食農教育紙芝居コンクール

2017年7月3日(月)~10月13日(金) ※締切日消印有効