地上

4月1日発売
定価618円(税込み)

目次

特集

35
社会を変える、わたしの夢

巻頭ルポ

EXILE ÜSA
JA青年組織盟友を訪ねる旅
食農応援プロジェクト
9th.長崎県

特別企画

48
第69回JA全国青年大会ハイライト
日本一のでっかい笑顔の花を咲かせよう

事例から学ぶ

16 伝えたい相手に届け
19 現場発!盟You伝
  福島県 JA東西しらかわ青年連盟
26 JA YOUTH CLUB
97 盟友拡大 わたしたちの挑戦
  栃木県 JAなす南青壮年部

農業・農政をさくっと知る

28 ラグジュアリーなイチゴブランド
30 加工品見聞録
62 農業・農政ダイジェスト
68 流通ウオッチャーの目 代田 実
70 品目動向・トレンド 穀類・青果・有機・花卉
74 米消費拡大研究所 小池理雄

農業・農政をじっくり学ぶ

56 2023年度の農政のカギ
60 農政コンパス「国内肥料資源の活用は広がるか」

仲間と学ぶ

64 農業リスクアセスメント教室
80 隔月!『地上』ウェビナー みんなで世代交代の話をしよう 事業承継24時
84 月イチ!『地上』ウェビナー 小林国之の協同組合LABO
96 学習活動の小部屋

経営と人材育成に役立てる

33 農作業アイデア一本勝負
75 農業労務管理まんが相談室
76 農家の右腕 佐川友彦の “もっと早く気づけばよかった”
78 基礎から押さえる 経営者のための MONEY INFORMATION
82 人を育てる 農家のためのコーチング入門
83 農業技術最前線「おいしさを追求する加工米飯」

リーダー資質を高める

34 館山昌平のおまえ、プロだろ!
67 青山浩子の農家のひきだし
88 マグロ船式人生サバイブ術 齊藤正明
90 頭をほぐし、心を肥やす 豊嶋和人のよもよも話

地域活性化に役立てる

92 高橋博之の都市と地方を行き来して
94 ふるさとづくり 役重真喜子

生き方に共感する

10 農’s days 降っても、晴れても
  愛知県稲沢市 後藤弥生さん
22 DREAM MAKER 明日をつくる農業者
  兵庫県丹波篠山市 JA丹波ささやま青年部 大坂宇津実さん
32 若者の視点
93 農の、地域の、わたしの“リアル” 中村美紗

新たな価値観を得る

18 プロレスラー・YAMATOアウトドア飯の極意
86 農家の嫁がビシッと解決! 婚活お悩み相談 岩立友紀子

地上

2023年5月号

主な企画

特集 社会を変える、わたしの夢  -“感じたこと”から始める課題解決―

ある「将来モデル」に到達するために、どんな方法があるのか。これまでは、直線的な思考で考える人が多くいましたが、今の大学生や20代、30代の若者がめざす到達イメージは、回転的・円形的になっているといわれています。そういった思考や価値観を持つ若い世代は、現代社会をどう捉え、どんなことを課題だと思い、それをどんなふうに解決していこうとしているのでしょうか。取材を通じて、暮らしのなかでの実感をきっかけに、さまざまな活動に邁進する若者たちに出会いました。彼らの言葉から、社会を変えるためのヒントを探ります。

〔Introduction〕「わたし」を起点に行動する若者が社会を変えようとしている
ボヴェ啓吾さん(㈱博報堂ブランド・イノベーションデザイン局イノベーションプランニングディレクター/若者研究所リーダー)
〔Case1〕新たな狩猟とジビエの文化を切り開く
高野沙月さん(㈱Fant代表取締役)
〔Case2〕たくさんの人や命に支えられている
菅本香菜さん(旅するおむすび屋)
〔Case3〕自分の体感をもとに、関心のあることから行動する
鎌田安里紗さん(一般社団法人unisteps共同代表理事)

第69回JA全国青年大会ハイライト  日本一のでっかい笑顔の花を咲かせよう

2月21~22日に千葉県文化会館で開催されたJA全国青年大会。全国から1300人近い盟友が集結し、1日めには「JA青年の主張全国大会」「JA青年組織活動実績発表全国大会」、2日めには「パネルディスカッション」が開かれました。3年ぶりの実開催となった熱き大会の模様を、リポートしました。

特別企画 2023年度の農政のカギ 食料安全保障確立のための農政がどこまで実現されるか

東京大学名誉教授 谷口信和さん
昨年の「食料安全保障強化政策大綱」の決定や、約四半世紀ぶりに「食料・農業・農村基本法」を見直しすることを受け、23年度の農政はどう進むのか。現状の分析や今後の注目点について、谷口先生にお聞きしました。

現場発! 盟You伝 「ポリシーブック改訂で見えた課題と希望 共に学び、考え、支え合う」

福島県 JA東西しらかわ青年連盟
自分たちがめざす農業の形やそれを実現するための課題・解決法を自分たち自身でまとめる「ポリシーブック」。その改訂作業をとおして、さまざまなことを学んだそうです。こうした地道な取り組みをリポートしました。

DREAM MAKER ~明日をつくる農業者~「オリジナルなまま」

兵庫県丹波篠山市 JA丹波ささやま青年部 大坂宇津実さん
大学生のときに関係を深めた地域に、大学院を中退して移住・就農した大坂さん。自分がよいと思ったことを続けるために選んだ農業という道は、いつしか家族やスタッフを守るための方法に代わりました。そんな大坂さんの生き方をぜひご覧ください。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「地上」購読申し込み

バックナンバー

2024年2月号

特集 農業を核に、地域で“稼ぐ”

2024年1月号

新春対談2024 “つながり”が生む力 未来へと翔ける価値創造のアプローチ

2023年12月号

特集 新たな価値を創造する 農のフロントランナー

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。