地上

10月1日発売
定価680円(税込み)

目次

別冊付録

「50の統計から読み解く、農業・食料の今
農政や社会・経済を考えるためのデータブック」

連載

04 EXILE ÜSA JA青年組織盟友を訪ねる旅 食農応援プロジェクト
4th.長野県

特集

35 JA青年組織応援企画①
ポリシーブックの魅力 再点検!

50 JA青年組織応援企画②
もっと使える、もっと学びを深める
とことんウェビナー活用法

JAの事例から学ぶ

24 【広告】農業経営者を支えるTAC
26 JA YOUTH CLUB
31 現場発!盟You伝
  神奈川県 JAはだの青年部
97 盟友拡大 わたしたちの挑戦
  栃木県 JAはが野青壮年部

農業・農政を知る

30 加工品見聞録
62 農業・農政ダイジェスト
68 流通ウオッチャーの目 代田 実 
70 品目動向・トレンド 穀類・青果・養豚・花卉
74 米消費拡大研究所 小池理雄

農業・農政を読んで学ぶ

60 農政コンパス

仲間と学ぶ

64 農業リスクアセスメント教室 
80 隔月!『地上』ウェビナー 
みんなで世代交代の話をしよう 事業承継24時 
84 月イチ!『地上』ウェビナー 
小林国之の協同組合LABO  
96 学習活動の小部屋

農業経営と人材育成

10 【広告】農業者のための新しい共済
48 【広告】ゼロからわかる農業者年金
75 農業労務管理まんが相談室
76 農家の右腕 佐川友彦の “もっと早く気づけばよかった”
78 新連載 基礎から押さえる 経営者のためのMoney Information
82 人を育てる農家のためのコーチング入門 
83 農業技術最前線

リーダーの資質を高める

33 吉見一起のおまえ、プロだろ!
67 青山浩子の農家のひきだし
88 新連載 マグロ船式人生サバイブ術
90 新連載 頭をほぐし、心を肥やす 豊嶋和人のよもよも話

地域活性化に役立てる

92 高橋博之の都市と地方を行き来して 
94 ふるさとづくり 役重真喜子

生き方に共感する

10 農’s days 降っても、晴れても
  石川県能美市 岩井 悠さん
22 DREAM MAKER 明日をつくる農業者
  熊本県人吉市 JAくま青壮年部 中村俊介さん
93 農の、地域の、わたしの“リアル” 中村美紗

新たな価値観を得る

17 プロレスラー・YAMATOアウトドア飯の極意
18 【広告】とっておきレシピで届けたい食と農の魅力
86 新連載 農家の嫁がビシッと解決! 婚活お悩み相談 岩立友紀子

地上

2022年11月号

主な企画

別冊付録 50の統計から読み解く、農業・食料の今 農政や社会・経済を考えるためのデータブック

今回のテーマは「統計」です。あらゆる農業・農政課題を理解するためには、現状の課題認識と解決するための論理的な話し合いなどが必要になりますが、その大前提として、現状認識のための統計資料の収集と読み込みが不可欠です。統計データにはさまざまな切り口があり、表面的な数字の把握だけでなく、その裏側にある数字をしっかり読み解くことが重要です。また、数値的根拠よりも感覚だけで物を語る人も少なくありません。読み解き方だけでなく、データを裏付けに、消費者などにたいして説得力のある“伝え方”をすることは、今後ますます重要になってくるでしょう。そこで、これからの農政や社会・経済を考えるさいに役に立つ50の統計資料を基に、統計資料の“読み取り方”と“見せ方・伝え方”について解説します。

カラー好評連載 EXILE ÜSA JA青年組織盟友を訪ねる旅 ――食農応援プロジェクト 4th. 長野県

EXILE ÜSAさんがJA青年組織盟友の圃場や販売の現場、JAの施設や直売所、青年組織活動の現場などを訪ね歩き、ÜSAさんが感じた思いや気づきを、ÜSAさんの言葉で伝えるカラー6ページのルポルタージュ企画です。毎号、どこか1つの都道府県を訪ね歩きます。地域の農畜産物や青年組織活動を、組織内だけでなく広く一般の消費者にも知っていただくための企画でもあります。
第4回は、長野県です。県内各地の自慢の農畜産物を盟友自身がÜSAさんに紹介し、料理人が調理してみんなで食すという取り組みを行いました。長野の食と農を存分にPRしています。

JA青年組織応援企画① 特集 ポリシーブックの魅力 再点検!

JA青年組織応援企画①として、JA青年組織が取り組むポリシーブック(行動指針・政策提言集)について特集しました。今年で12年めを迎えたポリシーブック活動。盟友の羅針盤として、全国各地のJA青年組織で作成や活用が定着するなかで、まだ作成に至っていない、作成はしたものの改訂はできていない、などの課題もあります。そこで、なぜ始まったのか、なんのためにあるのかについて、改めてポリシーブックの魅力を確認します。
〔軌跡〕JA全青協ポリシーブックの歩み
〔鼎談〕なぜ、いまポリシーブックが必要なのか
〔事例1〕支部で取り組んだからこそ感じたポリシーブックを作る意義(福岡県JA北九青年部遠賀・中間支部)
〔事例2〕実践から始めたポリシーブック活用が広げた活動の可能性(石川県JA小松市青壮年部)
(写真/松尾純さん)

JA青年組織応援企画②  もっと使える、もっと学びを深める とことんウェビナー活用法

どこからでも講演会や勉強会に参加したり、情報を発信したりできる「ウェビナー」。使いこなせば、経営に役立つことはもちろん、情報が手軽に得られて、JA青年組織盟友同士のコミュニケーションにも役立つツールです。しかし、まだ使ったことがないという人も多いのではないでしょうか。もっと気軽に使いこなすために、基本の手順から手軽な活用方法まで、メリットやポイントをわかりやすく解説。この記事のゴールは、盟友同士の話し合いや学びの場があちらこちらに生まれることです。
○ウェビナーのメリット
○参加編 お勧め検索サイト、アプリのインストール、参加するための基礎知識
○開催編 ウェビナーの開催方法、開催時のポイント
○主催者編 
監修/飯田剛弘さん

現場発! 盟You伝  「新『映えスポット』誕生! 絶景に華を添える『花いっぱい運動』」

神奈川県JAはだの青年部
コロナ禍でだれもが暗い気持ちになっていた。「こんなのはだめだ!」。そう思い行動を起こした盟友たちがいた。きれいだと思ってほしい。みんなに笑顔でいてほしい。そう願いながらまいた種は、満開の花を咲かせました。青年部たちの取り組みをご確認ください。(写真/大泉省吾さん)

DREAM MAKER ~明日をつくる農業者~「むだなくシンプルに」

熊本県人吉市 JAくま青壮年部 中村俊介さん
就農してから20年余り。若き日の自分は、昼夜に関係なくがむしゃらに営農に励んでいたと振り返る。経営者となったいま、後輩農家に経験を還元していきたいと語ります。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「地上」購読申し込み

バックナンバー

2022年11月号

別冊付録 50の統計から読み解く、農業・食料の今 農政や社会・経済を考えるためのデータブック

2022年10月号

新連載 EXILE ÜSA JA青年組織盟友を訪ねる旅 ――食農応援プロジェクト 3rd. 北海道

2022年9月号

新連載 EXILE ÜSA JA青年組織盟友を訪ねる旅 ――食農応援プロジェクト 2nd. 岡山県

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

家の光JA女性組織SDGs活動コンテスト

2022年8月1日(月)~2023年2月28日(火)※必着