地上

8月1日発売
定価618円(税込み)

目次

新連載

04 連載 EXILE ÜSA JA青年組織盟友を訪ねる旅
食農応援プロジェクト 2nd. 岡山県

特集

36 特集 これだけは押さえておきたい! 
これからの農業・農政の着眼点
◎ 食料安全保障 平澤明彦さん(㈱農林中金総合研究所執行役員基礎研究部長)
◎ 米の需給対策 JA全中 水田・畑作農業対策課
◎ 人・農地・農村政策 小田切徳美さん(明治大学農学部教授)


50 シリーズ 農業を取り巻くリスクを低減④
鳥獣害とどう向き合うか
[ インタビュー ] 持続可能な農村の創出が鳥獣害対策につながる
[ 事例① ] 自分たちの畑を守るため、若手農家が狩猟チームを結成!
[ 事例② ] 農村を再生すれば、獣害は克服できる
[ 事例③ ] 魅力あふれる体験ツアーで、野生動物との共生をめざす

カラーグラフ

03 最終回 岩田 稔のおまえ、プロだろ!
10 農,s days 降っても、晴れても
「水清き地の守り人」
宮城県加美町 相澤磨美さん
14 楽土への旅 愛しの大地
[第一八章]沖縄県・やんばる  
命との攻防
30 インタビュー ピロゴヴァ・マリーナさん
(ウクライナ出身/鳥取県北栄町在住)
平穏な暮らしを取り戻すため、
共に力を合わせてほしい 

JA YOUTH

19 現場発! 盟You伝
「いままでも、これからも つながり続ける」
静岡県 JAふじ伊豆青壮年部伊豆の国地区
22 DREAM MAKER
明日をつくる農業者「謙虚に振りきって」
三重県多気町 JA多気郡青壮年部 中井正法さん
28 JA YOUTH CLUB
84 農業リスクアセスメント教室
88 今日から使える婚活テク!
96 JA青年組織 学習活動の小部屋
97 盟友拡大 わたしたちの挑戦

WEBとの連動ページ

80 月イチ! 『地上』ウェビナー
小林国之の協同組合LABO
82 隔月! 『地上』ウェビナー 事業承継24時
みんなで世代交代の話をしよう0 月イチ! 『地上』ウェビナー

農業マーケティング

67 食品売り場探訪記 黒井尚志
68 青山浩子の農家のひきだし
69 米消費拡大研究所 小池理雄
70 品目動向・トレンド
74 流通ウオッチャーの目 代田 実
75 農業技術最前線「一輪車の電動化キット」

農政

62 農政コンパス
「みどりの食料システム法が施行」
64 農業・農政ダイジェスト

エッセイ情報アラカルト

27 農作業アイデア一本勝負
34 プロレスラー・YAMATOアウトドア飯の極意
76 農業労務管理まんが相談室
77 人を育てる 農家のためのコーチング入門
78 農家の右腕・佐川友彦の
〝もっと早く気づけばよかった〟
87 まんのう読書日誌 豊嶋和人
89 若手農業者の〝リアル〟 折笠明憲
90 GOOD EARTH STREET
92 ふるさとづくり 役重真喜子
94 高橋博之の都市と地方を行き来して
95 読者の声

地上

2022年9月号

主な企画

新連載 EXILE ÜSA JA青年組織盟友を訪ねる旅 ――食農応援プロジェクト 2nd. 岡山県

EXILE ÜSAさんがJA青年組織盟友の圃場や販売の現場、JAの施設や直売所、青年組織活動の現場などを訪ね歩き、ÜSAさんが感じた思いや気づきを、ÜSAさんの言葉で伝えるカラー6ページのルポルタージュ企画です。毎号、どこか1つの都道府県を訪ね歩きます。地域の農畜産物や青年組織活動を、組織内だけでなく広く一般の消費者にも知っていただくための企画でもあります。第2回は、岡山県です。県内の津山市と岡山市の青年組織盟友の圃場を訪ね歩きました。お楽しみに!

特集 これだけは押さえておきたい! これからの農業・農政の着眼点

農業が抱えるさまざまな課題。農業に携わるわたしたちは、どのように向き合ったらよいのでしょうか。この特集では、日本の農業・農政が置かれた現状について、とくに「食料安全保障」「米の需給対策」「人・農地・農村政策」の3つのテーマに焦点を当てて解説します。それを踏まえ、未来の農業を守るためにどんな行動を起こしたらよいのか、いっしょに考えてみませんか。よりよい農業経営や地域づくりのヒントが、きっとみえてくるはずです。(イラスト/岡村亮太さん)

◎食料安全保障 平澤明彦さん(㈱農林中金総合研究所執行役員基礎研究部長)
◎米の需給対策 JA全中 水田・畑作農業対策課
◎人・農地・農村政策 小田切徳美さん(明治大学農学部教授)

シリーズ 農業を取り巻くリスクを低減④  鳥獣害とどう向き合うか

農業経営に深刻なダメージを与え、営農意欲の減退を招く鳥獣被害。農村の衰退に直結するこの課題に、農家はどう向き合えばよいのでしょうか。(イラスト/めんたまんたさん)

〔インタビュー〕持続可能な農村の創出が鳥獣害対策につながる
〔事例①〕自分たちの畑を守るため、若手農家が狩猟チームを結成!
〔事例②〕農村を再生すれば、鳥獣害は克服できる
〔事例③〕魅力あふれる体験ツアーで、野生動物との共生をめざす

現場発! 盟You伝 「いままでも、これからも つながり続ける」

静岡県 JAふじ伊豆青壮年部伊豆の国地区
施設栽培が盛んなJAふじ伊豆伊豆の国地区。生産される農産物は、市場関係者からも高評価で、新規就農者も多いそうです。そこには周囲とつながり、周囲をつなげようとする青年農業者たちがいました。(写真/松木雄一さん)

DREAM MAKER ~明日をつくる農業者~「謙虚に振りきって」

三重県多気町 JA多気郡青壮年部 中井正法さん
やらなくてはいけない宿命だと感じながら、農家の道を進み始めた中井さん。自らを律して続けていくうちに、かけがえのない出会いがありました。憧れの存在になれるよう、自身のあり方を模索し続けます。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「地上」購読申し込み

バックナンバー

2022年12月号

カラー好評連載 EXILE ÜSA JA青年組織盟友を訪ねる旅 ――食農応援プロジェクト 5th. 島根県

2022年11月号

別冊付録 50の統計から読み解く、農業・食料の今 農政や社会・経済を考えるためのデータブック

2022年10月号

新連載 EXILE ÜSA JA青年組織盟友を訪ねる旅 ――食農応援プロジェクト 3rd. 北海道

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

家の光JA女性組織SDGs活動コンテスト

2022年8月1日(月)~2023年2月28日(火)※必着