地上

3月1日発売
定価680円(税込み)

目次

特集

32 特集 有機農業の現在地
─これからの農業を見すえ、今を知り、考えよう
[  提 言  ]
澤登早苗さん(恵泉女学園大学人間社会学部教授)
[  寄 稿  ]
池上甲一(西日本アグロエコロジー協会共同代表、近畿大学農学部名誉教授)
[ インタビュー① ]
島根県農林水産部産地支援課有機グループ
[ インタビュー② ]
吉野隆子さん(オーガニックファーマーズ名古屋代表)
[  ル  ポ  ]
埼玉県小川町 霜里農場(代表 金子美登さん)

46 創刊75周年プレ企画
特別座談会3on3
燃え続ける情熱を言葉に変えて

52 農業高校生のプロジェクト
地域の未来を担え!
[ プロジェクト① ]
小麦とともに成長する、若き農業者たちの挑戦 北海道帯広農業高等学校
[ インタビュー ]
農業高校を卒業した、先輩はいま…… 小島有貴さん、福田修司さん
[ プロジェクト② ]
地域の課題を受け止め、海を渡った庄原のナシ 広島県立庄原実業高等学校
[  事 例  ]
若い世代が考える不安を、自分たちの手でなくしていく
静岡県 JA伊豆太陽青壮年部南伊豆支部

カラーグラフ

03 新連載 岩田 稔のおまえ、プロだろ!
04 農’s days 降っても、晴れても
「春告げる風に乗って」
兵庫県稲美町 松田紗耶加さん
08 楽土への旅 愛しの大地 [第一三章]
徳島県・祖谷 
逃れて至る聖なる秘境
14 カラーワイド 今後どうすべきなのか 2022年の米作り
28 加工品見聞録

JA YOUTH

12 〈広告〉 農業者年金 夫婦で加入するメリット
19 現場発! 盟You伝
「子ども食堂へ新鮮な農産物を届ける」
栃木県 JAかみつが青年部
22 DREAM MAKER
明日をつくる農業者
「勢いよく、軽やかに」
愛知県東浦町 JAあいち知多青年部 加藤洸太郎さん
26 JA YOUTH CLUB
30 若者の視点 Vision of the Youth
66 農家の社会科見学
90 今日から使える婚活テク!
96 JA青年組織 学習活動の小部屋

WEBとの連動ページ

78 最終回 月イチ! 『地上』ウェビナー
農業経営プチ改善 佐川友彦
80 月イチ! 『地上』ウェビナー
小林国之の協同組合LABO
82 隔月! 『地上』ウェビナー
事業承継24時
みんなで世代交代の話をしよう
84 GOOD EARTH COLLEGE

農業マーケティング

67 食品売り場探訪記 黒井尚志
68 青山浩子の農家のひきだし
69 米消費拡大研究所 小池理雄
70 品目動向・トレンド
74 流通ウオッチャーの目 代田 実
75 農業技術最前線
「幅広い層を農業バイトにいざなうサービス」

農政

62 農政コンパス
「輸出額一兆円突破の先の難しさとは」
64 農業・農政ダイジェスト

エッセイ情報アラカルト

17 農作業アイデア一本勝負
29 最終回 プロレスラー・YAMATOビーフの魂
76 農業労務管理まんが相談室
77 新連載 人を育てる 農家のためのコーチング入門
86 GOOD EARTH STREET
89 まんのう読書日誌 豊嶋和人
91 若手農業者の〝リアル〟 川名 桂
92 ふるさとづくり 役重真喜子
94 高橋博之の都市と地方を行き来して
95 読者の声

地上

2022年4月号

主な企画

別冊付録 小林先生、ぶっちゃけ教えて! 15の疑問から考える これからのJAと協同組合

JAと協同組合を「これからの時代にも適合する協同組合」を考える視点で、その事業や活動内容について、仕組みや歴史、今日的な意義などを踏まえながら解説しています。(イラスト/そうまともみさん)

特集 有機農業の現在地 ――これからの農業を見すえ、今を知り、考えよう

「みどりの食料システム戦略」では、耕地面積に占める有機農業の取り組み面積の割合を、2018年の0.5%(約2万4000ha)から2050年までに25%(100万㏊)にするという目標が掲げられています。みなさんはこの目標にたいしてどう感じましたか? 農家が実際に有機農業に取り組むためには、どうすればよいのでしょうか。有機農業に携わってきた人たちに、有機農業の現状や展望を取材し、持続可能な地域農業のあり方を探ります。
[提言]澤登早苗さん(恵泉女学園大学 人間社会学部教授)
[寄稿]池上甲一(西日本アグロエコロジー協会共同代表、近畿大学農学部名誉教授)
[インタビュー①]島根県農林水産部産地支援課有機グループ
[インタビュー②]吉野隆子さん(オーガニックファーマーズ名古屋代表)
[ルポ]埼玉県小川町 霜里農場(代表 金子美登さん)

創刊75周年プレ企画 特別座談会3on3 燃え続ける情熱を言葉に変えて

JA全青協会長の経験者であり、現在JAの組合長を務めている以下のメンバーと、2021年度JA全青協会長・副会長で、特別座談会を行いました。脈々と受け継がれる思いを、ぜひご覧ください。
<メンバー>
・坂元芳郎さん(宮崎県JA綾町組合長)、若林英毅さん(山形県JA山形おきたま組合長)、天笠淳家さん(群馬県JA太田市組合長)
・柿嶌洋一さん(JA全青協会長)、佐藤崇史さん(同副会長)、高原弘雅さん(同副会長)

農業高校生のプロジェクト 地域の未来を担え!

農業高校生は近い将来、地域で就農して担い手となり、JA青年組織の仲間になっていく可能性が高い人たちです。いま、農業高校で学んでいる生徒たちは、どんな未来を展望しているのでしょうか。コロナ禍で生じた変化を受け入れ、前向きに活動に取り組む高校生たちを取材しました。
[プロジェクト①]小麦とともに成長する、若き農業者たちの挑戦 北海道帯広農業高等学校
[インタビュー]農業高校を卒業した、先輩はいま…… 小島有貴さん、福田修司さん
[プロジェクト②]地域の課題を受け止め、海を渡った庄原のナシ 広島県立庄原実業高等学校
[事例]若い世代が考える不安を、自分たちの手でなくしていく 静岡県 JA伊豆太陽青壮年部南伊豆支部

現場発! 盟You伝「コロナ禍でもできること 子ども食堂へ新鮮な農産物を届ける」

栃木県 JAかみつが青年部
コロナ禍で活動自粛が続くなかでも、できることはないかと考え、たどり着いた答えが、子ども食堂への農産物提供でした。継続することがたいせつだと考え、できる人ができるときに提供し、盟友たちがいつでも気軽に参加できるかたちにしています。詳しくは19ページから。(写真/加藤熊三さん)

DREAM MAKER ~明日をつくる農業者~「勢いよく、軽やかに」

愛知県東浦町 JAあいち知多青年部 加藤洸太郎さん
農業とは縁のない家庭で育った加藤さんが、大学在学中に奇跡的な巡り合わせでブドウ農家になる道が開けました。就農して5年め。一人の青年の思いを聞きました。(写真/加藤優里さん)

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「地上」購読申し込み

バックナンバー

2022年7月号

特集 地域づくりの新たなツールとしての“ワーカーズコープ”

2022年6月号

特集 技術が食と農のあり方を変える⁉ フードテック入門

2022年5月号

創刊75周年記念企画 これからも熱い! 燃え続ける活動の系譜 [第1章]特別インタビュー EXILE ÜSAさん

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第45回 ちゃぐりん感想文 大募集!

2022年9月22日(木) (当日消印有効) 

第70回 「地上文学賞」 作品募集

2022(令和4)年7月31日(当日消印有効)