地上

1月1日発行
定価618円(税込み)

目次

特集

36 特集
「農業×〇〇 =地域の元気」
みんながワクワクする“連携”の方程式
[ 事 例 ] 女子サッカーチーム「FC越後妻有」(新潟県十日町市・津南町)
農のオーベルジュ「白金の森」㈱白金の森代表 松岡義博さん(熊本県菊池市)
鎌倉インダストリーズ㈱代表取締役社長 原 雄二さん(1日農業バイトアプリ「daywork」開発者)ほか
[ 提 言 ] 一般社団法人AgVenture Lab 代表理事理事長 荻野浩輝さん

52
the ネーミング・ストーリー
─―そこから快進撃は始まる!
[ 監 修 ] 一般社団法人日本ネーミング協会会長 岩永嘉弘さん
[ インタビュー① ] サントリースピリッツ㈱
[ インタビュー② ] ㈱筑水キャニコム

28 ◎カラーワイド
バイデン政権を占う
[ 寄 稿 ] 山田 優(農業ジャーナリスト)

カラーグラフ

03 新連載
高橋由伸のおまえ、プロだろ!
05 GOOD EARTH STORY
畳の新たな魅力を引き出すユニークな提案
06 農,s days 降っても、晴れても
「ずっとこの日を待ちわびていた」
栃木県足利市 嶋田有希さん
11 加工品見聞録
14 楽土への旅 愛しの大地 [第二章] 中国・雲南省 天主と生きる村

JA YOUTH

19 現場発! 盟You伝
「運ぶのは元気の源だ」
JA栃木青年部連盟
22 DREAM MAKER
明日をつくる農業者
「地域あっての自分」
富山県 JAみな穂青壮年部 森下信義さん
26 JA YOUTH CLUB
88 今日から使える婚活テク!
96 JA青年組織 学習活動の小部屋

WEBとの連動ページ

30 スマホでバッチリ!
映える! 盛れる! フォトレッスン
78 月イチ! 『地上』ウェビナー
農業経営プチ改善 佐川友彦
80 月イチ! 『地上』ウェビナー
小林国之の協同組合LABO
82 GOOD EARTH COLLEGE

農業マーケティング

67 食品売り場探訪記 黒井尚志
68 青山浩子の農家のひきだし
69 米消費拡大研究所 小池理雄
70 品目動向・トレンド
74 流通ウオッチャーの目 代田 実
75 農業技術最前線
「作業対象の房の粒数をAIが推計する」

農政

62 農政コンパス
「輸出額五兆円目標に向けた政府の戦略」
64 農政ダイジェスト
66 [インタビュー]
OECD農業委員会 新議長 牛草哲朗さん

エッセイ情報アラカルト

32 農作業アイデア一本勝負
33 プロレスラー・YAMATOのどんぶり道場
76 農業労務管理まんが相談室
77 愛され農家の会話教室
84 GOOD EARTH STREET
87 まんのう読書日誌 豊嶋和人
89 若手農業者の〝リアル〟 中村美紗
90 ふるさとづくり 役重真喜子
92 農のダンディズム考 山下惣一
94 高橋博之の都市と地方を行き来して
95 読者の声

地上

2021年2月号

主な企画

特集 農業×〇〇=地域の元気 ~みんながワクワクする“連携”の方程式~

農商工連携や農福連携など、農業は様々な分野と“連携”していますが、経済だけでなく地域づくり・人づくりなど、その目的も多様化しています。そこに関わる人たちはどんな思いで、どんな課題を解決し、どんな未来を描いているのでしょうか。複数の事例をリポートし、自分たちの地域でできる新たな連携のヒントを探ります。(写真/PIXTA)
<取材先>
女子サッカーチーム「FC越後妻有」(新潟県十日町市・津南町)
農のオーベルジュ「白金の森」代表・松岡義博さん(熊本県菊池市)
鎌倉インダストリーズ代表取締役社長・原 雄二さん ほか
<提言>
AgVenture Lab代表理事理事長・荻野浩輝さん

the ネーミング・ストーリー そこから快進撃は始まる!

地域ブランドや6次化商品などを売り出すさい、頭を悩ませるのがネーミングです。そこで、ネーミングのプロセスや覚えておきたいポイントを学び、農業にかぎらずネーミングがヒットして成功を収めた事例を紹介します。実際に商品名を考えてみる例題も収録しているので、JA青年組織の学習会などで、販売力をもたらすネーミングに挑戦してみませんか。(イラスト/ヤギワタルさん)
<監修>
岩永嘉弘さん(日本ネーミング協会会長)
<取材先>
サントリースピリッツ、筑水キャニコム

現場発! 盟You伝「軽トラックでPRし、消費を拡大 運ぶのは元気の源だ」

JA栃木青年部連盟
コロナ禍だからこそ、できることを。そんな思いで盟友たちが起こしたアクションは、県内9つのJA青年組織が、県産野菜や米などを積んで管内を駆けめぐる“軽トラパレード”。距離をとりつつ地元産農畜産物をPRし、積まれた食材は子ども食堂やフードバンクに届けられました。誌面では、宇都宮市内で行われた取り組みに密着し、事前準備や当日の流れ、工夫したポイント、なにより盟友の心意気に迫っています。

DREAM MAKER ~明日をつくる農業者~「地域あっての自分」

富山県 JAみな穂青壮年部 森下信義さん
入善町で両親が営む農業生産法人の一員として、水稲30ha、大豆約4ha、「入善ジャンボ西瓜」1500玉、モモ約100本などを生産しています。農業大学、そして日本農業経営大学校を経て郷里に戻り、地域の農業と文化を守る担い手としてどう成長していきたいのか。その半生と現在の胸中に迫っています。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「地上」購読申し込み

バックナンバー

2021年1月号

新春対談 子どもたちが力強く生きる未来へ

2020年12月号

特集 ファーマーズマーケットの衛生管理

2020年11月号

別冊付録 グループワークシート付き! 今を伝え、未来を語り合おう ~新型コロナウイルスと自分たちの農業

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

「農家の家計実態調査」にご協力ください

2021年 2月5日(金)当日消印有効

ハッピー マイライフ体験文募集のお知らせ

2021年 3月22日(月)当日消印有効