地上

9月1日発売
定価618円(税込み)

目次

特集

◎これからのJA・地域を展望する企画
24 特集 地域のみんなで支え合う
  「フードポリシー」を考えよう
  [対談]食と農の未来には知恵を出
  す場が必要だ 秋津元輝さん(京都
  大学大学院教授)× 立川雅司さん
  (名古屋大学大学院教授)
  [事例①]集まるのではなくて、
  つながること あらかわ子ども応援
  ネットワーク(東京都荒川区)
  [事例②]課題に気づくことから
  すべては始まる 沖縄県JAおきな
  わ津嘉山支店青壮年部・八重山支店
  青壮年部
  [インタビュー]いままで見えなか
  った人に食を届ける 小林国之さん
  (北海道大学大学院准教授)

◎農業・農政の動きを読み解く企画
34 都市農業の「ソーシャル・ディス
  タンシング」 コロナ時代も発揮し
  続ける多面的機能
  [提案]コロナ時代の都市農業が社
  会を変える力に 山田正勝さん
  (一般社団法人畑会代表理事)
  [実践①]農業体験農園を多面的機
  能の発信基地に 荒井俊一さん
  (東京都 JAマインズ青壮年部)
  [実践②]実体験とオンラインを組
  み合わせる 横山辰也さん(JA東
  京青壮年組織協議会副委員長)
  [実践③]農業所得の増大と消費者
  の期待に応える、新たな直売所戦略
  石井 学さん(東京都 JA町田市
  経済部次長)

◎不定期連載企画
44 エネルギー資源の未来を考える
  ③ 雪冷熱
  [ルポ]新潟県 JA十日町、青木
  酒造㈱、八海醸造㈱、魚沼醸造㈱
  [インタビュー]伊藤親臣さん
  (公益財団法人雪だるま財団副理事
  長、㈱Snow Biz代表取締役)

カラーグラフ

03 恋農age
  「風が吹き渡るように」
   宮崎県高千穂町 濵山幸波さん
08 令和二年七月豪雨 被災者の声
   福岡県JAみい青年部 香月勝昭
   さん 熊本県JAあしきた青壮年
   部 釜 博信さん
10 野菜や果物から紙が生まれる!?
12 雪エネルギー大国 ニッポン
14 最終回 後継neo㉔
   屋形船・漁師「あみ弁」10代目
   雌伏の屋形船 小島一宏さん 
   東京都江戸川区

JA YOUTH

20 令和元年東日本台風から一年
   [手記]栃木県JAかみつが青年
   部 横尾光広さん
   [リポート]長野県JA信州うえ
   だ青年部 大久保昌則さん
50 『地上』の取扱説明書(トリセツ)
51 若きリーダーの背中 「超えない
   といけない壁」 山口県JA山口
   県下関青壮年部 髙野秀吉さん
56 現場発! 盟You伝「オリジナ
   ルの道具が団結を生む」 北海道
   JA道東あさひ青年部
60 今月の「いいね!」
81 今日から使える婚活テク!
86 小林国之の協同組合LABO

農業マーケティング

67 最終回 やまけんのエシカルで行
   こう! 山本謙治
68 青山浩子の農家のひきだし
69 最終回 心を動かす! 販促の
   極意 酒井とし夫
70 米消費拡大研究所 小池理雄
71 食品売り場探訪記 黒井尚志
72 品目動向・トレンド
77 農業技術最前線 「『ハイブリッ
   ド搾乳』の可能性」

農政

82 農政コンパス
  「規制改革実施計画が閣議決定」
84 農政ダイジェスト

エッセイ・コラム

59 岡島秀樹のおまえ、プロだろ!
78 農業経営プチ改善 佐川友彦
91 若手農業者の〝リアル〟 山本
   泰隆
92 ふるさとづくり 役重真喜子
94 農のダンディズム考 山下惣一
96 高橋博之の都市と地方を行き来
  して

情報アラカルト

62 GOOD EARTH
  STREET
64 農作業アイデア一本勝負
65 話題の the 加工品
66 プロレスラー・YAMATOの
   どんぶり道場
79 農業労務管理まんが相談室
80 オヤジたちの農業賛歌
87 愛され農家の会話教室
89 まんのう読書日誌 豊嶋和人
90 地上の歩き方
97 読者の声

地上

2020年10月号

主な企画

特集 地域のみんなで支え合う 「フードポリシー」を考えよう

「飽食の時代」という言葉に代表されるように、日本は多くの食料を輸入し、おびただしい「フードロス」を生み出しています。一方で、国民一人一人の経済格差が叫ばれ、毎日の食事にも困る人たちがいます。地域に住む人全員が、安全な食料を十分に手に入れ、口にするために、食料を生産する農業者は、地域にどのようなアプローチをしたらいいのでしょうか。(イラスト/ハザマチヒロさん)
<対談>
秋津元輝さん(京都大学大学院教授)× 立川雅司さん(名古屋大学大学院教授)
<取材先>
東京都荒川区 あらかわ子ども応援ネットワーク
沖縄県 JAおきなわ津嘉山支店青壮年部・八重山支店青壮年部
<インタビュー>
小林国之さん(北海道大学大学院准教授)

都市農業の「ソーシャル・ディスタンシング」 コロナ時代も発揮し続ける多面的機能

都市農業は食料の生産にとどまらず、景観や交流の創出や食育・教育、防災など多様な機能を有しています。新型コロナウイルス感染症によって「新しい生活様式」が求められるなど、社会のあり方が変わろうとしているなか、都市農業の機能をいかに守り、住民の安全・安心、そして信頼を維持していくのでしょうか。あくなき挑戦を続ける農業者やJA、ファーマーズマーケットなどを取材します。
<取材先>
山田正勝さん(一般社団法人畑会代表理事)
荒井俊一さん(東京都 JAマインズ青壮年部)
横山辰也さん(JA東京スマイル足立地区青壮年部・JA東京青壮年組織協議会副委員長)
JA東京青壮年組織協議会
石井 学さん(東京都 JA町田市経済部次長)

不定期連載 エネルギー資源の未来を考える ③雪冷熱

すべての国が脱炭素社会への移行をめざす「パリ協定」が、2020年から始動し、太陽光や風力、小水力、バイオマスなどの再生可能エネルギー資源や開発適地として、農山村が注目されつつあります。そこで、地球温暖化の防止にとどまらず、農業の脱炭素化も視野に入れながら、農業振興や地域活性化をどうめざしていったらよいのかを考えます。10月号では、「雪」を活用した新潟県魚沼地方の取り組みに注目します。(写真/高岡 弘さん)

現場発! 盟You伝「オリジナルの道具が団結を生む」

北海道 JA道東あさひ青年部
JA管内の広さが、香川県とほぼ同じだというJA道東あさひ青年部は、なかなか遠くの地区の仲間と交流することができません。盟友の多くが酪農家ということもあり、牛乳の消費拡大に向けた活動を中心に、支部ごとに活動を行っています。そんななか、活動のあり方に疑問を抱いた盟友のひと言をきかっけに、たい焼きならぬ「ウシ焼き」の焼き台を製作。消費者へのPRはもちろん、盟友同士の結びつきを強化することにもつながりました。(写真/久保ヒデキさん、写真提供/JA道東あさひ営農部営農振興課)

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「地上」購読申し込み

バックナンバー

2020年11月号

別冊付録 グループワークシート付き! 今を伝え、未来を語り合おう ~新型コロナウイルスと自分たちの農業

2020年10月号

特集 地域のみんなで支え合う 「フードポリシー」を考えよう

2020年9月号

特集 心でつながる “コロナ後”も育みたい協同の萌芽