地上

6月1日発売
定価618円(税込み)

目次

特集

◎世界・日本の社会経済を読み解く企画

20 特集「消費の空白」を考える ─新型コロナウイルス問題を乗り越えるために [リポート1]売り場ウオッチャーの視点から 黒井尚志 [リポート2]流通ウオッチャーの視点から 代田 実 [リポート3]生産現場から伝えたい 2019年度JA全青協理事のみなさん [寄稿]外出自粛下の若者の行動に未来の社会のヒントがある 原田曜平

◎農業・農政の動きを読み解く企画

36 工夫を組み合わせて生産性をアップする オレたちの働き方改革 [寄稿]農業という仕事 農村という場所 祖田 修さん(京都大学名誉教授) [実践]環境を改善 働きやすさが育むおいしいキュウリ 堀越徹也さん(群馬県前橋市・堀越園芸)

◎不定期連載企画

44 エネルギー資源の未来を考える ②木質バイオマス [ルポ]松本平森林エネルギー ㈱(長野県松本市) [インタビュー]小島健一郎さん(ラブ・フォレスト㈱代表取締役)

カラーグラフ

03 恋農age 「続いてゆく、ただ穏やかに」 埼玉県小川町 桑原 花さん
07 飲食店とファンが盛り上げる 広がれ! #エール飯
08 GOOD EARTH STORY ①農業とタッグを組み、新型コロナに臨む ②祖母の味をレトルトに 豊後緒方の鶏汁
10 おうちで遊ぼう!
12 極奥物語⑳ 中国・雲南省 いまや咖啡之都(コーヒーのみやこ)

JA YOUTH

50 『地上』の取扱説明書(トリセツ)
51 現場発! 盟You伝 「できることから始める」 福岡県 JAむなかた青壮年部
54 〝拡声器〟になり 6万盟友の声を代弁したい [インタビュー]2020年度JA全青協会長 田中圭介さん
58 新連載 映える! 盛れる! フォトレッスン
62 今月の「いいね!」
81 今日から使える婚活テク!
86 小林国之の 協同組合LABO

農業マーケティング

67 やまけんのエシカルで行こう! 山本謙治
68 青山浩子の農家のひきだし
69 心を動かす! 販促の極意 酒井とし夫
70 米消費拡大研究所 小池理雄
71 食品売り場探訪記 黒井尚志
72 品目動向・トレンド
77 農業技術最前線 「データを基にルールを見つけるAIの可能性」

農政

82 農政コンパス 「2020年度農政のポイント」
84 農政ダイジェスト

エッセイ・コラム

59 新連載 岡島秀樹のおまえ、プロだろ!
78 農業経営プチ改善 佐川友彦
91 若手農業者の〝リアル〟 山本泰隆
92 ふるさとづくり 役重真喜子
94 農のダンディズム考 山下惣一
96 高橋博之の都市と地方を行き来して

情報アラカルト

16 プロレスラー・YAMATOの どんぶり道場
17 話題の the 加工品
31 第68回 地上文学賞 作品募集のお知らせ
64 GOOD EARTH STREET
66 農作業アイデア一本勝負
79 農業労務管理まんが相談室
87 愛され農家の会話教室
89 まんのう読書日誌 豊嶋和人
90 地上の歩き方
97 読者の声

地上

2020年7月号

主な企画

特集 「消費の空白」を考える ――新型コロナウイルス問題を乗り越えるために

パンデミック(世界的大流行)となった新型コロナウイルス感染症は、世界の社会・経済に大きな混乱をもたらしています。農業においても、生産・流通・消費すべてに影響がおよび、行き場を失う農畜産物がある一方で、特定の食品が奪い合いになるほど売れています。大きく変化した消費行動を分析し、将来を見すえてわたしたちがなにをすべきなのかを考えます。(写真/PIXTA)
<寄稿>
原田曜平さん(サイバーエージェント次世代生活研究所所長)
<取材先>
2019年度JA全青協理事のみなさん ほか

工夫を組み合わせて生産性をアップする オレたちの働き方改革

農業で「働き方改革」というと、ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)など、機械やインフラの話を想像しがちですが、わたしたちが日々の仕事で求めているものはシンプルに、「働きやすさ」なのではないでしょうか。農業という営みが本来どういうものなのかを確認して、みずから実践できることを事例から学びます。(写真/PIXTA)
<寄稿>
祖田 修さん(京都大学名誉教授)
<取材先>
堀越徹也さん(群馬県前橋市・堀越園芸)

不定期連載企画 エネルギー資源の未来を考える ②木質バイオマス

すべての国が脱炭素社会への移行をめざすパリ協定が、2020年から始動しました。地球温暖化の防止にとどまらず、農業の脱炭素化も視野に入れながら、農業振興や地域活性化をどうめざしていったらよいのか、折に触れて各地の取り組みをリポートします。第2回めは「木質バイオマス」にスポットを当て、長野県松本市・松本平森林エネルギーの取り組みを紹介し、そのキーマンである小島健一郎さん(ラブ・フォレスト代表取締役)をインタビューします。(写真/まちなみカントリープレス・池田奈巳子さん)

“拡声器”になり 6万盟友の声を代弁したい 2020年度 JA全青協会長 田中圭介さん

5月27日に開かれたJA全青協通常総会をもって、19年度JA全青協理事・JA福岡県青協委員長の田中圭介さんが会長に就任しました。2月のJA全国青年大会で、「全国6万盟友の声の拡声器となり、現場の声を訴えていく」と、立候補にあたって決意を述べた田中さん。これまでの半生や農業経営、JA青年組織活動への思い、会長としてなにを成し遂げたいのかなど、忌憚ない話を聞きました。(写真/福地大亮さん・JAにじ)

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「地上」購読申し込み

バックナンバー

2020年10月号

特集 地域のみんなで支え合う 「フードポリシー」を考えよう

2020年9月号

特集 心でつながる “コロナ後”も育みたい協同の萌芽

2020年8月号

特集 食農教育 セカンドステージ ~“コロナ後”に備えて いまできること~