地上

6月1日発売

定価606円(税込み)

目次

目次

◎世界・日本の社会経済を読み解く企

20 特 集
令和時代の「食料安全保障」は
どうあるべき?
[ 解 説 ] ぼくらの食料安保の現在

[インタビュー①] 中家 徹さん(JA
全中会長)
[インタビュー②] 中嶋康博さん(東
京大学大学院農学生命科学研究科教授)
[インタビュー③] 平澤明彦さん(㈱
農林中金総合研究所基礎研究部部長)
[まとめ] コメント・杉村泰彦さん
(琉球大学農学部准教授)

◎農業・農政の動きを読み解く企画
33 所得安定にプラスアルファ 契約栽
培の今
[ 現地ルポ ①] 岡山県 JA岡山西
× NPO法人岡山県木村式自然栽培
実行委員会
[ 現地ルポ ②] 兵庫県 JA兵庫西
× ヒガシマル醬油㈱
[ 現地ルポ ③] 長野県 JA松本ハ
イランド × ㈱ナガノトマト
[ 解 説 ] 野見山敏雄さん(東京農
工大学大学院農学研究院教授)

◎これからのJA・地域を展望する企画
44 出会いがあるから、オレがある
「師弟」の肖像
[ 師弟対談 ]
相澤宏樹さん(2016年度JA全青協副
会長)× 鈴木貴郎さん(宮城県農協青
年連盟前委員長)

[師弟のかたち] 中西 啓さん(岡山県
JAつやま青壮年部)ほか

カラーグラフ

03 恋農age
「始まりの〝さんかく〟」
山形県山形市 石澤伶菜さん
07 トラクターが出迎えるビアテラス
08 焼きいもはアートだ!
10 東京「都電テーブル」物語
願うは、地域のみんなが寄り合う場所
14 後継neo⑱ 笛師
身魂の一本
大塚 敦さん 東京都足立区

JA YOUTH

51 若きリーダーの背中
「ひとと同じことはしたくない」
福岡県 JAみい青年部 稲吉久徳さん
56 現場発! 盟You伝
「ふたたび集い美酒を交わそう」
秋田県 JA秋田ふるさと青年部大森支

60 今月の「いいね!」
81 今日から使える婚活テク!
86 おれが知りたい 協同組合塾 小林国

96 1年で準備する事業承継

農業マーケティング

67 やまけんのエシカルで行こう!
山本謙治
68 青山浩子の農家のひきだし
69 心を動かす! 販促の極意 酒井と
し夫
70 米消費拡大研究所 小池理雄
71 食品売り場探訪記 黒井尚志
72 品目動向・トレンド
77 農業技術最前線
「搾乳ロボットのさらなる活用と
日本型豚舎の洗浄ロボット」

農政

82 農政コンパス
「日米貿易交渉がスタート」
84 農政ダイジェスト

エッセイ・コラム

59 新連載
山口鉄也のおまえ、プロだろ!
78 農業経営プチ改善 佐川友彦
91 若手農業者の〝リアル〟 山本泰隆
92 ふるさとづくり 役重真喜子
94 農のダンディズム考 山下惣一

情報アラカルト

43 第六七回 地上文学賞 作品募集のお
知らせ
62 GOOD EARTH STREET
64 農作業アイデア一本勝負
65 話題の the 加工品
66 きじまりゅうたの試食で差をつけろ!
79 農業労務管理まんが相談室
87 できる農家の時間術
89 まんのう読書日誌 豊嶋和人
90 地上の歩き方
97 読者の声

地上

2019年7月号

主な企画

恋農age 「始まりの“さんかく”」 石澤伶菜さん 山形県山形市

1990年生まれ。大学を卒業後、京都でブライダルプランナーとして勤務し、2017年に帰郷。1年間の研修を経て、19年に本格就農しました。母、祖父母と共に少量多品目の野菜、米、サクランボを生産する農家として第一歩を記した石澤さんの、農業への思いに迫ります。(写真/今井隼人さん)

特集 令和時代の「食料安全保障」は、どうあるべき?

わが国の食料自給率(カロリーベース)は、38%です。もし、輸入元の国々が紛争や経済的事情、あるいは天候不順などで輸出を停止したら、どうなるでしょうか。日本の円には、かつてほどの力はありません。他国に競り負ける可能性だってあるのです。そういう意味では、食料危機は、もう始まっているのかもしれません。
<インタビュー>
中家 徹さん(JA全中会長)
中嶋康博さん(東京大学大学院教授、食料・農業・農村政策審議会会長)
平澤明彦さん(農林中金総合研究所基礎研究部部長)

所得安定にプラスアルファ 契約栽培の今

メーカーなどと契約を交わし、一定の条件のもとで農畜産物を生産する契約栽培。まとまった量の原料を確保するため、JAが直接的・間接的に関わるケースが多いようです。生産者(産地)、企業などが連携し、契約栽培を成功させた事例をもとに、そのメリットと可能性を探ります。
<取材先>
岡山県 JA岡山西 × NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会
兵庫県 JA兵庫西 × ヒガシマル醤油株式会社
長野県 JA松本ハイランド × 株式会社ナガノトマト
<解説>
野見山敏雄さん(東京農工大学大学院教授)

出会いがあるから、オレがある 「師弟」の肖像

農業にたいする姿勢が変わったり、人生に大きな影響を与えてくれたりする“師”と仰ぐ人との出会い。そんな巡り合わせは、たんなる偶然なのでしょうか。もしかすると、出会いを必然にするための行動があるのかもしれません。それぞれの“師弟のかたち”から、見えてくるものを考えます。
<対談>
相澤宏樹さん(宮城県・2016年JA全青協副会長)× 鈴木貴郎さん(宮城県農協青年連盟前委員長)
<取材先>
中西 啓さん(岡山県 JAつやま青壮年部南部支部副支部長)
平舘龍徳さん(青森県農協青年部協議会副委員長)
荻野和也さん(静岡県 JA富士市青年部)
高橋真悟さん(岩手県農協青年組織協議会前会長)

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「地上」購読申し込み

バックナンバー

2019年8月号

特集 飛躍する家族農業 ~国連「家族農業の10年」と日本~

2019年7月号

恋農age 「始まりの“さんかく”」 石澤伶菜さん 山形県山形市

2019年6月号

特集 「平成」が残したもの ~農業・農村の30年を振り返る~

参加・応募募集中

一覧を見る

現在募集中のエッセイやコンクールをご紹介します。

第42回 ちゃぐりん感想文 大募集!

2019年 9月 27日(金)まで (当日消印有効) 

おむすびキッズコンテスト 作品募集

2019年 10月 31日(木)まで (必着)