地上

10月1日発売
定価 668円(税込)

目次

特集

◎JA青年組織応援企画Ⅰ
20 特 集
「消費者理解」を飛び越えろ
オレたちの活動を
ブームにしようぜ!
● 青年農家が聞く PRってなに?
● プロが教える発信のポイント
● JA青年組織活動に“PR視点”をちょい足し!
[ 監修 ] 殿村美樹さん(PRプロデューサー)
[ ナビゲーター ] 馬場裕真さん(JA全青協理事)
◎JA青年組織応援企画Ⅱ
38 ポリシーブック・ストーリー
盟友一人一人の声を生かせ
[ 序 章 ]“意思”を反映させることに、もっと積極的になろう!
[ ル ポ ] ポリシーブック活用の進化形 北海道 JA本別町青年部
[ インタビュー] 支部活動を生み出すポリシーブック 北海道 JA帯広大正青年部
[ 座談会 ] 離島ならではの悩み 沖縄県 JAおきなわ青壮年部
[ 終 章 ] 3つのストーリーから見える3つのこと


カラーグラフ

03 恋農age「初心のありか」
新潟県村上市 中村恵海さん
07 高校生に負けないくらい
農業を熱くしようぜ!
秋田県青協「JA青年部 うめもんマルシェ」
10 ようこそ!
トマト姉妹のキッチンへ
富山県高岡市 森田瑞穂さん・薫さん
14 鬼来迎の芯
千葉県横芝光町

JA YOUTH

51 若きリーダーの背中
「農業の道でやっていくということ」
熊本県 JA阿蘇青壮年部 米田雄希さん
56 現場発! 盟You伝
「ぼくらのほうきは若手へのバトン」
静岡県 JAとぴあ浜松青壮年部
62 今月の「いいね!」
81 今日から使える婚活テク!
86 おれが知りたい 協同組合塾 小林国之

農業マーケティング

67 やまけんのエシカルで行こう!
山本謙治
68 青山浩子の農家のひきだし
69 心を動かす! 販促の極意 酒井とし夫
70 米消費拡大研究所 小池理雄
71 食品売り場探訪記 黒井尚志
72 品目動向・トレンド
76 鳥獣対策最前線
「猟期以外の有害鳥獣の捕獲で
農家の切実な願いに応える」

農政

82 農政コンパス
「日米FFR協議の行方」
84 農政ダイジェスト

エッセイ・コラム

59 斉藤和巳のおまえ、プロだろ!
78 最終回 EBAのススメ! 松永和紀
91 若手農業者の〝リアル〟 中村美紗
92 ふるさとづくり 役重真喜子
94 農のダンディズム考 山下惣一

情報アラカルト

64 ファーマーズ・ハイ 農業者のためのエンタメ
66 きじまりゅうたの試食で差をつけろ!
79 新連載 農業労務管理まんが相談室
87 できる農家の時間術
89 まんのう読書日誌 豊嶋和人
90 地上の歩き方
96 読者の声・編集部セレクト

地上

2018年11月号

主な企画

別冊付録 図解でまるっと超おさらい! 農協改革とJAグループの自己改革

JAグループでは組合員や仲間、地域の未来のために自己改革に取り組んでいます。一方、政府による「農協改革集中推進期間」が終わる2019年5月が近づきつつあります。そこで、政府の「農協改革」とJAグループの「自己改革」を、図解を駆使して“見える化”しました。これから各地で開かれるJA大会、そして第28回JA全国大会(19年3月)に向けて論点を整理し、一人一人がみずから考え、行動するためのハンドブックとしてご活用ください。
<特別対談>
JA全中・中家 徹会長/JA全青協・水野喜徳会長

特集 「消費者理解」を飛び越えろ オレたちの活動をブームにしようぜ!

JA青年組織の活動を地域の人に知ってもらい、共に取り組む仲間になってほしい。そんなとき、「PR」の手法が役に立つかも! これまでの活動の中にだって、消費者をも巻き込んだムーブメントに発展するような“原石”が眠っているはずです。行動を起こすためのヒントをいっしょに探しませんか?
<監修>
殿村美樹さん(PRプロデューサー・TMオフィス代表取締役)
<ナビゲーター>
馬場裕真さん(JA全青協理事)
<掲載事例>
宮城県 JAみやぎ仙南角田地区青年部、兵庫県 JA兵庫六甲西神戸農業経営者協議会岩岡青年部、和歌山県 JA紀州青年部御坊川辺支部名田塩屋班、宮崎県 JA西都青年部、福岡県 JAふくおか八女青年部筑後地区

ポリシーブック・ストーリー ~一人一人の盟友の声を生かせ~

ポリシーブック(行動方針・政策提言集)の出発点は「政策」ではなく、盟友がふだんから感じている「課題や疑問」です。体裁を整えることにとらわれすぎて、一人一人の声が生かされたものになっていなければ、本末転倒です。そこで、先進的にポリシーブックの作成・活用を進めるJA青年組織から、声なき声をいかにして拾いあげ、取り組みに生かしているのかを取材しました。
<取材先>
北海道 JA本別町青年部、JA帯広大正青年部、沖縄県 JAおきなわ青壮年部

ようこそ! トマト姉妹のキッチンへ

富山県高岡市「農園kitchen moriy」
2014年、トマト農家の娘である森田瑞穂さんと薫さん姉妹が切り盛りするレストランがオープン。トマトのハウスのすぐ横にあり、窓からは田園風景を一望できる環境で味わうトマト愛あふれるメニューは、味も気分も最高! と評判を呼んでいます。

恋農age 「初心のありか」 中村恵海さん 新潟県村上市

1994年生まれ。新潟県山北町(現・村上市)出身。高校を卒業後、新潟県農業大学校で園芸を学び、2015年、村上市の上野茗荷農産株式会社の従業員として就農。水稲や転作大豆、野菜を生産する同社で、おもに園芸作物を担当する中村さんの、これまでの歩みとつかんだ手ごたえなどを聞きました。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「地上」購読申し込み

バックナンバー

2018年12月号

特集 “なぜ減らないか”を深掘りする STOP! 農作業事故

2018年11月号

別冊付録 図解でまるっと超おさらい! 農協改革とJAグループの自己改革

2018年10月号

恋農age 大澤 桜さん 東京都小金井市