地上

7月1日発売
定価 606円(税込)

目次

特集

◎これからのJA・地域を展望する企画

20 特 集
「刺激を受けたで」終わらせない 所得につなげる視察の作法
[解 説] 視察研修の企画運営は、自分たちの手で〈監修〉飯島宗裕さん(一般社団法人日本コーディネーター協会代表理事)
[リポート] 夏季視察研修、奮闘の記録 北海道JAめむろ青年部
[視察先File] 兵庫県 農業組合法人アグリヘルシーファーム、富山県 ㈱大平園芸

◎農業・農政の動きを読み解く企画

32 GI(地理的表示)保護制度をどう生かすか
○ GI制度の可能性を考える
○ 取得産地ルポ ①新潟県「くろさき茶豆」②鳥取県「鳥取砂丘らっきょう、ふくべ砂丘らっきょう」
◎短期連載 日本の食の未来を考える③
40 「食品ロス」〈前編〉オレたちが知るべき課題
◎これからのJA・地域を展望する企画
44 パンクするその前に 作業受託の経営学
[解説①]現場が追い詰められるメカニズム
     伊庭治彦さん(京都大学大学院農学研究科准教授)
[解説②]受託診断をしてみよう!
     山﨑隆由さん(一般社団法人農業経営支援センター代表理事、中小企業診断士)

カラーグラフ

03 恋農age「英気の天地」
鳥取県北栄町 杉川藍月さん
07 物語のある干菓子
08 JAファイター
最後の試合 そして——
茨城県 JA水戸 大貫英晃さん
10 インパクト大!
〝ぎっしりグルメ〟がいまキテる!?
12 #農家 #インスタグラム #発信
愛知県西尾市 羽佐田辰也さん
14 後継neo⑬ 石工
人情の刃先
上野 梓さん 愛知県岡崎市

JA YOUTH

51 若きリーダーの背中
「プラスになる循環」
岩手県 JA江刺青年部 吉田雄次郎さん
56 現場発! 盟You伝
「コロッケでみんなを
笑顔にしたいんだ」
福岡県 JA筑紫青壮年部
60 今月の「いいね!」
81 今日から使える婚活テク!
86 おれが知りたい 協同組合塾 小林国之

農業マーケティング

67 やまけんのエシカルで行こう!
山本謙治
68 青山浩子のマーケティング・アイ
69 心を動かす! 販促の極意 酒井とし夫
70 米消費拡大研究所 小池理雄
71 食品売り場探訪記 黒井尚志
72 品目動向・トレンド
77 農業技術最前線
「人工知能の搭載も可能な
ロボット台車システム」

農政

82 農政コンパス
「TPP11 国会審議の行方」
84 農政ダイジェスト

エッセイ・コラム

59 斉藤和巳のおまえ、プロだろ!
78 EBAのススメ! 松永和紀
91 若手農業者の〝リアル〟 藏光俊輔
92 ふるさとづくり 役重真喜子
94 農のダンディズム考 山下惣一

情報アラカルト

62 ファーマーズ・ハイ 農業者のためのエンタメ
64 農作業アイデア一本勝負
65 話題の the 加工品
66 きじまりゅうたの試食で差をつけろ!
79 農業労務管理の基礎知識
87 できる農家の時間術
89 まんのう読書日誌 豊嶋和人
90 地上の歩き方
96 読者の声・編集部セレクト
第六六回 地上文学賞作品募集のお知らせ

地上

2018年8月号

主な企画

恋農age 杉川藍月さん 鳥取県北栄町

1993年生まれ。2016年に本格就農して両親、祖父母と共に約1.8haでスイカを生産するほか、秋冬にはストック、トルコギキョウ、ダリアなどの花卉やコマツナを出荷しています。「とっとり農業女子ネットワーク」の活動などにも取り組む杉川さんの、農業と家族への思いに焦点を当てました。

「刺激を受けた」で終わらせない 所得につなげる視察の作法

「視察研修に行って勉強になった」と思っていても、それが実際に経営やJA青年組織活動に生かされていますか? JAの事務局や旅行会社に「すべてお任せ」ではなく、積極的に企画・運営に携わって、実務に生かすためのノウハウを伝授します。
<監修>
飯島宗裕さん(日本研修コーディネーター協会代表理事)
<取材先>
北海道 JAめむろ青年部
原 智宏さん(兵庫県 JA丹波ささやま青年部)
植田博成さん(兵庫県 JAたじま青壮年部)
大平真也さん(富山県 富山市農協青年部)
加藤秀明さん(愛知県 愛知西農協青年部)

地理的表示保護制度をどう生かすか

2015年12月に7つの産品が認定を受け、18年6月現在で62産品が登録されたGI(地理的表示)。農業における「知的財産権」は、農畜産物や産地、農家にとってどんな意義があるのでしょうか。制度の内容を確認し、登録産地にもたらされた“変化”をリポートします。
<取材先>
「くろさき茶豆」(新潟県)
「鳥取砂丘らっきょう、ふくべ砂丘らっきょう」(鳥取県)

短期連載 日本の食の未来を考える③ 「食品ロス」〈前編〉

まだ食べられるのに、捨てられてしまっている「食品ロス」は、日本国内で年間646万t発生しています(2015年の推計)。これは日本に住むすべての人が、茶碗1杯のごはんを毎日捨てているのに等しい量です。食品ロスの現状や、発生を抑制するさまざまな取り組みについて、農林水産省に話を聞きました。

お申し込みはお近くのJAへ!JAが近くにない場合は、インターネット、もしくはFAXで、お申し込みいただけます。こちらをクリック→

「地上」購読申し込み

バックナンバー

2018年11月号

別冊付録 図解でまるっと超おさらい! 農協改革とJAグループの自己改革

2018年10月号

恋農age 大澤 桜さん 東京都小金井市

2018年9月号

恋農age 栃木県那須町 畠山奈々子さん