第10回 家の光読書エッセイ 入選作品

第10回は平成22年7月1日より、11月10日まで募集をしました。
その結果、全国、海外合わせて1413編の作品が集まりました。
審査は平成23年1月7日に行われ下記の作品が選ばれました。

審査委員

審査委員(敬称略、五十音順)
阿刀田高さん(作家)
落合恵子さん(作家)
岸本葉子さん(エッセイスト)
安冨ゆかりさん(JPIC読書アドバイザークラブ)
下川正志(家の光協会 常務理事)

入選作品

【家の光読書エッセイ賞】 賞状および賞金30万円

『ちいさいおかあさん』 東京都・大橋裕子

【優秀賞】 賞状および賞金各10万円

『ミニ図書室』 東京都・上條直子
『父は、にわか講談師』 静岡県・堀江純子
『本が友達でもいいよね?』 福岡県・若窪美恵

 

【佳作】 賞状および賞金各3万円

『絵本が結び付けてくれるもの』 茨城県・大村薫
『私はジョバンニだよ』 群馬県・白石恵子
『父と息子をつなぐもの』 埼玉県・剣持誠
『おさななじみ』 千葉県・宮﨑みちる
『一つの卓袱台』 福井県・栗波昭文
『ぬくもりのかたみ』 徳島県・大西トキハ
『ママがわるかった』 福岡県・坂本智子

【国民読書年特別賞】 賞状および図書カード各5万円分

『八年目の返事』 東京都・加藤宣彦
『ふれ合い家庭図書室』 静岡県・阿部広海