第11回 家の光読書エッセイ 入選作品

第11回は平成23年7月1日より、11月10日まで募集をしました。
その結果、全国、海外合わせて1024編の作品が集まりました。
審査は平成23年12月26日に行われ下記の作品が選ばれました。

※作品名をクリックしていただくと内容をご覧いただけます。 

審査委員

阿刀田高さん(作家)
落合恵子さん(作家)
岸本葉子さん(エッセイスト)
安冨ゆかりさん(JPIC読書アドバイザークラブ) 
下川正志(家の光協会 常務理事)

入選作品

【家の光読書エッセイ賞】 賞状および賞金30万円

『種をまく人』を読んで 宮城県・59歳・遠藤源一郎

【優秀賞】 賞状および賞金10万円

「姑(はは)と大活字本」 埼玉県・68歳・嶋野靖子
「つづき」 新潟県・48歳・藤田徹郎
「吉田先生」 兵庫県・54歳・坂本ユミ子

【佳作】 賞状および賞金3万円

「よし!行くよ」 北海道・62歳・奥津博士
「空のように雲のように」 北海道・35歳・細野利奈
「ふたりは曾祖母とひ孫」 青森県・31歳・髙森美由紀
「墨入り『嵐が丘』と父の愛」 東京都・54歳・吉川弘子
「本がもたらしてくれたもの」 長野県・40歳・安田直子
「オリオン星座」 長野県・35歳・加藤文子
「本の贈りもの」 京都府・51歳・野島孝子