第14回 家の光読書エッセイ 入選作品

第14回は平成26年7月1日より、11月10日まで募集をしました。
その結果、全国、海外合わせて1,005編の作品が集まりました。
審査は平成26年12月15日に行われ、下記の作品が選ばれました。

※作品名をクリックしていただくと内容をご覧いただけます。 

審査委員

阿刀田高さん(作家)
落合恵子さん(作家)
岸本葉子さん(エッセイスト)
安冨ゆかりさん(JPIC読書アドバイザークラブ) 
下川正志(家の光協会 代表理事専務)

入選作品

家の光読書エッセイ賞

賞状および賞金30万円
白線 福島県・鈴木篤夫�

優秀賞

賞状および賞金10万円
東京オリンピック 千葉県・服部雅充

本が気付かせてくれた家族の絆 岐阜県・北島和彦

私を支えてくれた図書室 広島県・宇津田蕗

佳作

賞状および賞金3万円
なぜ荷風はだめなの 東京都・栗林愛子

十五歳の少年 東京都・牧野恒紀

『ハテルマシキナ』に思いを寄せて 長野県・高橋喜和

祖父と僕 大阪府・香田典宏

弟の『ナビ』 大阪府・中野康子

父が孫へ残したもの フィンランド・テルホ 梓

一冊の本から イギリス・グレアム 明美