第12回 家の光読書エッセイ 入選作品

第12回は平成24年7月1日より、11月12日まで募集をしました。
その結果、全国、海外合わせて876編の作品が集まりました。
審査は平成24年12月14日に行われ下記の作品が選ばれました。

※作品名をクリックしていただくと内容をご覧いただけます。 

審査委員

阿刀田高さん(作家)
落合恵子さん(作家)
岸本葉子さん(エッセイスト)
安冨ゆかりさん(JPIC読書アドバイザークラブ) 
下川正志(家の光協会 常務理事)

入選作品

【家の光読書エッセイ賞】 賞状および賞金30万円

午前三時の〝読書会〟 福岡県・米澤泰子

【優秀賞】 賞状および賞金10万円

セシウムとサンタクロース 秋田県・後藤のはら
自分らしく生きる 滋賀県・中川あかり
予期せぬ誤算 大阪府・岡田マチ子

【佳作】 賞状および賞金3万円

洟をたらした神、そして姑と私 福島県・鈴木禮子
おばあちゃんとの読書 埼玉県・今井貴之
背中 千葉県・込山絵美子
わたしたちの自転車旅行 東京都・恩田茂夫
なかよしの印 三重県・佐野由美子
録音図書との出会い 香川県・國本久美子
私の本、娘の本 福岡県・松本弘紀