書籍

医者が考案した最強の朝ごはん 

小林弘幸

ジャンル:

医者が実践する、いつもの朝ごはんを簡単に健康効果の高い食事にする方法を紹介。オリーブオイルとバルサミコ酢を合わせたソースをかけるだけで、糖尿病や高血圧の予防になる!作りおきやアレンジレシピも。

定価(税込)
1,320円
発行日
2019年9月20日
判型
A5判
ISBN
978-4-259-56626-5

在庫僅少

ご注文はお待ちください

著者プロフィール

小林弘幸(コバヤシヒロユキ)

順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年、埼玉県生まれ。ロンドン大学附属英国王立小児病院外科、トリニティ大学附属小児研究センター、アイルランド国立小児病院外科での勤務を経て、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニング、パフォーマンス向上指導にかかわる。また、順天堂大学に日本で初めての便秘外来を開設した“腸のスペシャリスト”。『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』(サンマーク文庫)、『医者が考案した「長生きみそ汁」』(アスコム)などベストセラー多数。好きな朝ごはんは納豆とみそ汁。実は野菜があまり好きではなく、野菜をおいしく食べられるドレッシングをいつも探している。