書籍

作りおきおかずで簡単! 朝・昼・晩 糖質オフのダイエット献立 

江部康二 著/大庭英子

ジャンル:

1食の糖質量は全て20g以下! たっぷり食べても確実にヤセる献立集。糖質オフ実践者の著者による作りおきのおかずは、身近な食材でおいしく作れるものばかり。手間もかからないので忙しい人でも安心。

定価(税込)
1,296円
発行日
2017年11月1日
判型
B5変型判
ISBN
978-4-259-56556-5

在庫あり

カートに入れる

著者プロフィール

江部康二(エベコウジ)

財団法人高雄病院理事長。医師。1950年生まれ、京都大学医学部卒業。2002年に自らが糖尿病であると気づいて以来、糖尿病治療の研究に本格的に取り組み、「糖質制限食」の体系を確立。これにより、自らの糖尿病を克服。その後、高雄病院での糖質制限食の指導により、糖尿病や肥満、メタボリックシンドロームなどに対する治療効果を実証。2013年に一般社団法人日本糖質制限医療推進協会を設立し、糖質制限の普及に尽力している。『江部康二の糖質制限革命』(東洋経済新報社)など、糖質制限に関する著書・監修書多数。ドクター江部の糖尿病徒然日記http://koujiebe.blog95.fc2.com/

大庭英子(オオバエイコ)

料理研究家。身近な材料と普段使いの調味料で作る、簡単でおいしい料理に定評がある。和・洋・中・エスニックと、レパートリーは幅広い。書籍、雑誌、新聞、広告と活躍の場も広く、あらゆる年齢層から支持を得ている。糖質制限食の仕事に携わったことをきっかけに、自らも実践し、半年間で7kgのダイエットに成功。以来、自分のペースに合わせて糖質制限を続けている。実践者ならではの視点で考案された、手軽においしく作れる糖質制限食レシピには説得力がある。糖質制限食をテーマとする著書には、『ゆる糖質オフダイエットレシピ』(朝日新聞出版)などがある。