書籍

また作ってと喜ばれる お弁当のとっておきおかず 

ワタナベマキ 著/野口真紀 著/堤 人美 著/市瀬悦子

ジャンル:

毎日効率よくお弁当を作るコツは、「作りおき」と「朝作るおかず」をうまく組み合わせること。5人の人気料理家が、それぞれ得意なおかずと日々のお弁当づくりの秘訣を紹介。定番もののほかアレンジも豊富。

定価(税込)
1,404円
発行日
2016年3月1日
判型
B5変型判
ISBN
978-4-259-56498-8

在庫あり

カートに入れる

著者プロフィール

ワタナベマキ(ワタナベマキ)

料理家。2005年に「サルビア給食室」を立ち上げ、料理の仕事を始める。旬の素材を生かした、作りやすくていねいなレシピが人気を呼び、雑誌、書籍、広告、テレビなどで幅広く活躍している。女性らしいナチュラルなライフスタイルやファッションにもファンが多い。著書に『わたしの好きなお酢・レモンの料理』、『重ねて火にかけるだけで絶品おかず』、『冷凍保存ですぐできる絶品おかず』(すべて家の光協会)など多数。

野口真紀(ノク゛チマキ)

料理家。料理雑誌の編集者を経て、現在は、雑誌や書籍、広告などでレシピを提供。手軽にささっとつくれる料理が得意で、和・洋・中・エスニックとレパートリーは幅広い。2児の母でお弁当づくりの経験も豊富。著書に『おいしい毎日 おしゃれな毎日』(KADOKAWA)、『きょうの一汁二菜』(主婦と生活社)ほか。

堤 人美(ツツミヒトミ)

料理研究家。出版社勤務の後、料理研究家のアシスタントを経て独立。書籍や雑誌でレシピを紹介するほか、CMの料理制作、企業のレシピ開発など活躍の場は幅広い。提案するレシピは、簡単に作れるのに、おしゃれでおいしいと評判。素材の組み合わせ方や味つけのセンスにも定評がある。『和中華』(主婦と生活社)、『和えるからおいしいおかず』(学研プラス)、『主菜別 献立がすぐ決まる副菜レシピ帖』、『野菜がたっぷり食べられる あたたかいサラダ』(ともに家の光協会)など、著書多数。

市瀬悦子(イチセエツコ)

料理研究家。食品メーカーから料理の世界へ。多くの料理研究家のアシスタントを経て独立。「おいしくてつくりやすい家庭料理」をモットーに、雑誌や書籍、テレビ番組、メーカーなどへメニュー提案をする。著書に『ザクザク切ってあえるだけ 主菜サラダ』、『まとめて作って温めるだけ つくりおきスープ』(ともに家の光協会)など多数。