書籍

口を閉じれば病気にならない 健康は呼吸で決まる 

今井一彰 著/岡崎好秀

ジャンル:

病気の原因は「口呼吸」にあった!口呼吸で口内が乾いた状態が続くと、歯周病菌などの悪玉菌が増え、体全体に悪影響を与えることに。口呼吸になる仕組みを解説し、暮らしの中で鼻呼吸に改善するための方法を紹介。

定価(税込)
1,296円
発行日
2012年8月1日
判型
B6判
ISBN
978-4-259-56379-0

在庫あり

カートに入れる

著者プロフィール

今井一彰(イマイカズアキ)

みらいクリニック院長。1970年、鹿児島県出身。1995年、山口大学医学部卒業。薬を使わずに体を治していく、体の使い方を変えて薬を減らしていく、といった独自の観点からの医療を模索し、2006年、福岡市に同クリニックを開業。日本初の靴下外来を開設するなどユニークな取り組みを続けている。加圧トレーニング統括指導者、日本東洋医学認定漢方専門医、関節運動学的アプローチ(AKA博田法)医学会指導医。著書に『免疫を高めて病気を治す口の体操「あいうべ」』(マキノ出版2008)、『薬を使わずにリウマチを治す5つのステップ』(コスモの本2011)など。

岡崎好秀(オカザキヨシヒデ)

岡山大学歯学部小児歯科学講師。1952年、大阪府出身。1978年愛知学院大学歯学部卒、同年大阪大学歯学部小児歯科を経て1984年より現職。日本小児歯科学会専門医、指導医・日本障害者歯科学会認定医・日本口腔衛生学会認定医。専門、小児歯科・障がい児歯科・健康教育。近著に『教えて恐竜!ぼくたちの大切な歯』(少年写真新聞社 2011年)、『動物たちのよい歯甲子園』(共著 東山書房 2010年)、『歯と口から伝える食育 ― 『食べ方』からの食育推進をめざした理論・実践・教材』(共著 東山書房 2009年)。