書籍

増補版 まさか!のときの生き残り塾 

進士徹

ジャンル:

「空き缶でご飯を炊くことができますか?」電気やガスが止まる。にごり水しか出ない。そんなまさかの状況で生き延びる技術が今こそ必要です。空き缶、新聞紙、ビニールシートなど、どこにでもある道具を使い、火をおこす、ご飯を炊く、飲み水を得るなどの技術を身につけるための18のワークを連載。原版が発売された2003年以降、災害に対する危機感も高まっており、増補版として、実際に都市災害に遭遇したときのノウハウを強化。

定価(税込)
1,512円
発行日
2007年8月1日
判型
A5判
ISBN
978-4-259-56188-8

在庫あり

カートに入れる

著者プロフィール

進士徹(シンシトオル)

1956年東京都品川区生まれ。駒沢大学卒業後、社会福祉法人「ねむの木学園」の生活指導員として勤務後、31歳で福島県鮫川村に移住。38歳で「土、自然から学び共に生きよう」をテーマに自然体験学校を主宰。子どもから大人までを対象に、農山村の生活体験をプログラム化し、地域と連携して都市との交流事業に取り組む。講演、執筆、ラジオ、テレビ出演など活動の幅は広い。