書籍

「考え方のクセ」を変えるとストレスはなくなる 

清水栄司

ジャンル:

「心の病気」に対抗する最新の精神医療「認知行動療法」をわかりやすく応用。自分の「考え方のクセ」を理解することで、感情と行動をコントロールでき、ストレスをためないバランスのよい思考が身につく。

定価(税込)
1,296円
発行日
2014年7月1日
判型
B6判
ISBN
978-4-259-54749-3

在庫あり

カートに入れる

著者プロフィール

清水栄司(シミス゛エイシ゛)

1965年、山梨県生まれ。千葉大学大学院医学研究院教授、子どものこころの発達研究センター長。精神科医。1990年、千葉大学医学部卒業。プリンストン大学留学、千葉大学医学部附属病院精神神経科などをへて、現職。専門は認知行動生理学、認知行動療法など。千葉大学にて認知行動療法士トレーニングコースを主宰。著書に、『自分でできる認知行動療法 - うつと不安の克服法』(星和書店 2010年9月)、『認知行動療法のすべてがわかる本』(監修 講談社 2010年5月)、『認知行動療法セルフケアブック 職場編―考え方の悪いクセを治す』(監修 講談社 2012年12月)。