書籍

もっと笑って元気 年400回口演が続く理由 

矢野大和

ジャンル:

年間口演回数が400回を越えて、会場が大爆笑に包まれる人気講師のもとに依頼が殺到するのは、ちょっとした仕掛けや工夫があるから。人の心をつかむようなスピーチ上手になりたい方のためのヒントも満載。

定価(税込)
1,404円
発行日
2013年8月1日
判型
B6判
ISBN
978-4-259-54746-2

在庫あり

カートに入れる

著者プロフィール

矢野大和(ヤノタイワ)

1956年7月7日、大分県佐伯市宇目町生まれ。おおいた観光特使。2001年宇目町観光大使として口演活動が始まる。市町村合併を経て佐伯市観光大使。2007年市役所を退職し、選挙に出るものの次点で落選。2008年に矢野大和事務所を設立し、“笑って元気な”口演を月30回以上のペースで行っている。大分合同新聞主催の講座で講師を務める「話し方教室」は、キャンセル待ちがあるほどの人気。先月の4月7日には、「5000会場達成記念口演」を大分のNHKホールで開催し700人が来場。「著書に『笑って元気』『続 笑って元気』『続々 笑って元気』(ともに家の光協会)。