書籍

ドイツに学ぶ地域からのエネルギー転換 再生可能エネルギーと地域の自立 

石田信隆 編著/寺西俊一 編著/山下英俊 編著

ジャンル:

原発依存を継続するのか、再生可能エネルギー転換の道を歩むのか。日本の原発事故をきっかけに脱原発に舵をきったドイツでは、国の政策と協同組合が大きな役割を果たす。日本のエネルギー転換に求められるものとは。

定価(税込)
1,944円
発行日
2013年5月1日
判型
B6判
ISBN
978-4-259-54744-8

在庫あり

カートに入れる

著者プロフィール

石田信隆(イシダノブタカ)

1974年京都大学経済学部卒業。農林中央金庫入庫。札幌支店副支店長等を経て、現在、(株)農林中金総合研究所理事研究員。一橋大学客員教授。農商工連携推進研究会委員。日本およびアジアの農業・農村・農協や農産物貿易の研究、中国との農村金融研究交流等に従事。著書に『JAが変わる 「創発」を生む新時代の農協組織論』(家の光協会など)多数。

寺西俊一(テラニシシュンイチ)

一橋大学大学院経済学研究科教授。自然資源経済論プロジェクト代表。日本環境会議事務局長、環境経済・政策学会副会長。主な著書に『地球環境問題の政治経済学』(東洋経済新報社)、『環境共同体としての日中韓』(監修、集英社新書)など。

山下英俊(ヤマシタヒテ゛トシ)

一橋大学大学院経済学研究科准教授。主な研究業績に『アジア環境白書2010/11』(編著、東洋経済新報社)がある。