書籍

くいだおれ波乱万丈記 

柿木道子

ジャンル:

2008年7月惜しまれながら閉店した、道頓堀の名物料理店「くいだおれ」元代表取締役会長・女将が関西弁で語る波乱万丈記。

定価(税込)
1,404円
発行日
2009年1月1日
判型
B6判
ISBN
978-4-259-54722-6

在庫僅少

ご注文はお待ちください

著者プロフィール

柿木道子(カキノキミチコ)

株式会社くいだおれ元代表取締役会長。大阪・道頓堀の名物料理店「くいだおれ」創業者の次女として生まれる。1963年甲南大学卒業とともに、くいだおれに入社。その後結婚退職し専業主婦になるも83年父親の強い要望により復職。以後実兄とともに経営全般をみながら女将として接客に力を注ぐ。「たこ焼き教室付き会席料理」などユニークなメニューの開発にも積極的に取り組み、マスコミ取材も多数。