書籍

世界ラン紀行 
辺境秘境の自生地を歩く

唐澤耕司

ジャンル:

約150点の貴重な写真で見るランの生態
ランの権威である著者が、日本をはじめとする東南アジア、中南米、アフリカ等の辺境秘境地で、普通は目にすることのできない貴重なランの写真と、その生態を紹介する。知られざる野性ランの魅力が満載。

定価(税込)
2,160円
発行日
2006年12月1日
判型
四六判
ISBN
978-4-259-54698-4

著者プロフィール

唐澤耕司(カラサワコウジ)

長野県高森町蘭植物園(蘭ミュージアム高森)園長。1931年長野県生まれ。理学博士(蘭の細胞遺伝学)、前国際ラン委員会委員。東京教育大学高等師範(現筑波大学)植物科卒業。広島市植物公園初代園長、(株)沖縄蘭研社長等を歴任。主な著書に『世界の野性蘭』(全8巻、世界の野生蘭刊行会)、『原種ラン図鑑』(NHK出版)、『エビネ属 形態と分類』(八坂書房)、『クレスのランものがたり』(全12巻、未来企画 律)、『カラー版ラン栽培入門』(家の光協会)がある。