書籍

協同組合研究の成果と課題1980-2012 

堀越芳昭

ジャンル:

第一線の協同組合研究者たちによる3年にもおよぶ研究成果の集大成の一冊。1980年代から30余年にわたる、農協・漁協・生協など12の分野別研究成果を詳解し、今後の課題や展望を明らかにしていく。

定価(税込)
4,536円
発行日
2014年5月1日
判型
A5判
ISBN
978-4-259-52181-3

在庫あり

カートに入れる

著者プロフィール

堀越芳昭(ホリコシヨシアキ)

1944年愛知県生まれ、商学博士(早稲田大学)。前山梨学院大学経営情報学部教授・前同大学院教授、現山梨学院大学・日本大学経済学部非常勤講師。現JC総研特別研究員、現公正取引委員会独占禁止政策協力委員、日本協同組合学会元会長。おもな著書は『ILO・国連の協同組合政策と日本』(日本経済評論社、2003年)、『「企業の社会的責任論」の形成と展開』(ミネルヴァ書房、2006年)、『協同組合の社会経済制度』(日本経済評論社、2011年)ほか多数。