書籍

この手があった! 集落営農 
組織づくりと経営

藤澤研二

ジャンル:

持続的な経営のために何を、どのように取り組めばよいか
集落営農は立ち上げることはもちろん、いかに運営していくかも大きな課題。経営の持続や発展に向けた事例を紹介するとともに、そこから読みとれる経営のエッセンスを整理し、運営のポイントがひと目でわかる。

定価(税込)
1,728円
発行日
2007年3月1日
判型
B6判
ISBN
978-4-259-51806-6

在庫僅少

ご注文はお待ちください

著者プロフィール

藤澤研二(フジサワケンジ)

1954年山梨県生まれ。78年、千葉大学大学院修士課程修了。長銀総合研究所を経て、2002年より藤澤流通・マーケティング研究所代表。専門は、食品・農産物流通、特産品開発、流通開発、農産物マーケティング、地域活性化支援。著書に『この手があった!農産物マーケティング』(家の光協会)、『コメビジネス』(実業之日本社)、『米穀専門店再生への道』(米穀新聞社)、『マーケティングによるJAの販売革新』『米マーケティングマニュアル』(いずれもJA全中)、『コミュニティ「力」の時代」(水曜社)ほか。